whiz 2016 AW “OUT OF THE BOX”立ち上げ①。

本日立ち上げです。

whiz 2016 AUTUMN/WINTER

[ OUT OF THE BOX ]。

!cid_AB90BAE3-FBE0-4B76-A720-C360ECB2791D

本日スタート!

 

今シーズンは、

ブランド設立の節目から新たな歩みを始めた2016年春夏シーズンから、さらに飛躍を目指す秋冬シーズンが始まる。そのテーマとして掲げたのが”OUT OF THE BOX”。枠を超えるや常識にとらわれないという意味の中でブランドを象徴するオリジナルテキスタイルに採用したのがモノトーンの世界地図。TOKYO FASHION AWARDを受賞しWHIZ LIMITEDとして初のパリでの展示会を行ったコレクションでもあり、日本という島国の中でもストリートシーンの聖地としてあげられる原宿にて独自のスタイルを発信し続けてきたブランドの立ち位置を意味するデザインとなっている。そのテキスタイルを主軸にしながら、昨今のシーズンでは珍しいグラフィティというストリートテイストの強いデザインを散りばめたのも、そのブランドとして根底にあるシーンを表現。ただ、ストリート感を強く押すだけでなくタートルネックやシルエットにこだわったスリムパンツなど上品さを感じられるアイテムを融合したスタイルを提案することで、ブランドとしての16年という年月を歩み続けてきたWHIZ LIMITEDが生み出す”今”を感じられるコレクションとなっている。ぜひ、その歩みを手にとって自分なりに組み合わせて感じてもらいたい。

 

 

って感じで世界を見つつ、

さらには足元を固めて、みたいな船出のシーズン。

世界地図から生まれたテキスタイル「MAP」を着てさっそく大海原へ。

 

そんな基準が広く大きくなり、

振り落とされない様にしなきゃな、って本気で思った今シーズン。

気合入れて頑張りたいと思います。

 

いつも通り、フルラインナップ、フルカラーにて、

whizの2016秋冬スタートです。

盛り上がっていきましょー。

 

YUZI

 

さてさて、

それではご紹介。

新作いっぱいです。

 

まずはジャケットから。

 

今季個人的に大好きなシリーズ。

オリジナルテキスタイル「MAP」のマウンテンジャケット。

立ち襟だったり差し色シャレてたりこういうの大好物ですw

 

「MAP MOUNTAIN JACKET」。

DSC_1708

ブラックとホワイトの2色展開。

DSC_1722

フードはたたむ事もできます。

DSC_1723

ジップはこんな配色に。

DSC_1724

ポケットもこんな感じになってます。

DSC_1725

袖先はこんな無地の切り返しで。

 

DSC_1705

ブラック。

DSC_1711

サイド。

DSC_1707

立ち襟で。

DSC_1716

フード。

DSC_1717

襟。

DSC_1718

ポケット。

DSC_1719

裾。

DSC_1720

切り替えし。

DSC_1721

裏地は60/40クロス。

DSC_1706

んでバック。

かっけー。

大好きなタイプですw

 

DSC_1709

ホワイト。

DSC_1712

サイド。

DSC_1710

バック。

どっちも素敵ですので気分でどうぞ。

春夏白ばっかり来てたのでブラックで攻めたいと思います。

 

 

 

んで続けてデッキジャケット。

3色展開で裏地もポイントです。

生地が変わってるのもシャレてます。

 

「DECK JACKET」。

DSC_1693

3色展開。

DSC_1687

それぞれ生地が変わってます。

DSC_1688

襟はコーデュロイ。

DSC_1689

立ちます。

DSC_1691

ポケットも切り替え。

DSC_1692

袖にはあて布でコーデュロイ。

DSC_1694

バック。

 

DSC_1704

オリーブ。

DSC_1713

パラフィン加工で素敵です。

DSC_1695

全部止めてもシャレてる。

DSC_1696

中はチェッカー柄。

DSC_1677

大人な感じでも。

DSC_1678

ハードにも。

DSC_1680

タグ。

DSC_1682

横にもポケット。

DSC_1683

上にもあきます。

DSC_1684

開けたらこんなの。

DSC_1685

ひじ。  DSC_1697

バック。

 

DSC_1698

ベージュ。

DSC_1714

サイド。

DSC_1699

中。

DSC_1700

バック。

 

DSC_1701

ネイビー。

DSC_1715

サイド。

DSC_1702

中。

DSC_1703

バック。

さらっとまとまるあるカラーです。

どぞどぞ着てみて選んじゃってくださいね。

 

 

さてジャケットが続きます。

万能のジャケットはウインドブレーカー+テーラード。

レイヤードで素材も素敵です。

 

「WIND JACKET」。

DSC_1734

ネイビーとブラックの2色展開。

DSC_1732

しっかり素材。

DSC_1746

ボタン。

DSC_1733

裾はちょっと明るいカラーです。

DSC_1735

バック。

 

DSC_1736

ネイビー。

DSC_1738

中はオレンジです。

DSC_1739

サイド。

DSC_1727

チラリと。

DSC_1743

襟裏はこんな生地。

DSC_1744

ボタンは本切羽。

DSC_1726

裏にはテープ。

DSC_1728

ポケット。

DSC_1729

コードがラフな感じを演出。

DSC_1731

引っ張ってクシャッと。

DSC_1737

バック。

 

 

DSC_1740

んでブラック。

DSC_1741

こっちもオレンジで。

DSC_1742

サイド。

ラフなデザインでキレイさを演出。

大人に一着をどうぞお見逃しなく。

 

 

さらーにジャケット。

ドリズラータイプのサッパリしたアイテムは切り返しで。

上下ポケットで生地が変わった使いやすさ満点のジャケットです。

 

「COMB JACKET」。

DSC_1775

こんな3色展開。

DSC_1757

襟はちょっと立ち襟で。

DSC_1758

下は別素材。

DSC_1759

肘も。

DSC_1760

袖にはジップポケットが。

DSC_1776

落ち着いたデザインです。

 

DSC_1770

レッド。

DSC_1771

中はオレンジで統一感満点。

DSC_1773

サイド。

DSC_1751

胸んとこ。

DSC_1747

上部分。

DSC_1748

中はリブになってます。

DSC_1749

メッシュはブルーで。

DSC_1752

シップとリブ。

DSC_1753

ちょっと色が変化。

DSC_1754

ポケットもおしゃれです。

DSC_1772

バック。

 

DSC_1765

オリーブ。

DSC_1766

ミリタリーな感じで。

DSC_1769

サイド。

DSC_1768

バック。

 

DSC_1761

ネイビー。

DSC_1762

中。

DSC_1764

サイド。

DSC_1763

まとまりのある配色です。

着てみるときっと気に入る、

シャープなデザイン、どうぞお楽しみください。

 

そんなジャケットが4型入荷です。

この時期に着たり見たりするジャケットは特に楽しい。

半袖から長袖になるときが一年で一番好きです。

 

って事で単調に感じちゃう人も多い、夏のファッションから、

一気に楽しい秋に連れてってくれる薄めのジャケット。

どうぞチェックしてみちゃって下さいね。

 

 

 

はい。

お次はシャツに続きます。

上物からドッサリ紹介。

 

まずはデニムのかぶりのシャツ。

少しゆるめのデザインでズボっと着れる便利なやーつ。

襟がザックリで中に着るもので表情めっちゃ変わります。

 

「DENIM SHIRTS」。

DSC_1981

ホワイトとブルーの2色展開。

DSC_1982

袖裏も特徴的です。

 

DSC_1986

ありそうでなかったホワイト。

DSC_1988

白シャツ、というかデニムが素敵。

DSC_1975

襟。

DSC_1976

ポケットにはボタン。

DSC_1977

裾は少し馴染んだ感じで。

DSC_1979

しっかり素材。

DSC_1987

バック。

 

DSC_1983

ブルー。

DSC_1985

加工されています。

DSC_1971

ダメージありです。

DSC_1972

ポケット。

DSC_1973

裾。

DSC_1974

肘。

DSC_1984

サラッと使える薄手のデニム素材。

色んなスタイルとの相性抜群ですのでどうぞチェックしてみちゃって下さいね。

個人的にはホワイトが使いまくれそうです。

 

 

そしてシャツがもう一型。

サムエ(作務衣)のイメージを緩めの作りにした、

ショーツカラーのカーディガンの様なアイテム。

 

「SAMUE」。

DSC_1791

3色展開です。

DSC_1788

染めてあったりします。

DSC_1790

こんな生地。

何というか日本の良さが詰め込まれた的なアイテムです。

 

DSC_1800

ホワイト。

DSC_1802

サイド。

DSC_1778

こんな襟。

DSC_1779

ボタン。

DSC_1780

サイドにはピスネーム。

DSC_1781

こんな感じでとめたり。

DSC_1789

もこっとしたゆるい素材。

DSC_1801

バック。

 

DSC_1797

ブルー。

DSC_1799

インディゴ染め。

DSC_1798

サラッと着てくださいね。

 

DSC_1794

んでネイビー。

DSC_1796

これもインディゴで濃い色を表現。

DSC_1795

バック。

 

ゆったりしたアイテム。

そしてベルトで遊べますので、

便利で楽しいアイテムです。

 

どぞどぞ合わせてチェックしてみちゃって下さいね。

 

ってな感じで羽織物をご紹介。

まだまだ続きますが、

4万文字制限に引っかかりそうですので次へ続きますw

 

長くてすみません。

 

il_570xN.762412812_ccx3

whiz 2016 AW “OUT OF THE BOX”立ち上げ②。

続きです。

お次はパンツのご紹介ー。

お問い合わせがいっぱいのアイテム盛りだくさんです。

 

まずはデニムから。

クラッシュデニムに刺繍でカスタム。

ほどよい細さも魅力的でブラックかホワイト、そしてブルーで迷います。

 

「REPAIR DENIM PANTS」。

DSC_1803

ホワイトとブラック。

DSC_1842

こんな感じでクラッシュ加工ですが肌は見えません。

DSC_1843

ヒザ後ろには刺繍が。

DSC_1840

フロントには加工。

DSC_1841

バックには心電図ステッチ。

DSC_1805

バック。

 

DSC_1809

ホワイト

DSC_1811

サイド。

DSC_1812

まとまった感じのデザインです。

DSC_1817

クラッシュ。

DSC_1818

細かいこだわりの仕事。

DSC_1820

ヒザ裏の刺繍。

DSC_1821

立体です。

DSC_1813

ポケットにはステッチ、同色で。

DSC_1822

レザーパッチはいつもかっこいい。

DSC_1823

心電図。

DSC_1824

ピスネーム。

DSC_1814

オリジナルキーパーツ。

DSC_1815

月桂樹。

DSC_1816

リベットもオリジナル。

DSC_1819

裾にも加工。

DSC_1810

バックはこんな感じ。

 

DSC_1806

ブラック。

DSC_1808

サイド。

DSC_1825

フロント。

DSC_1833

クラッシュ。

DSC_1834

ダメージ。

DSC_1836

刺繍。

DSC_1838

もこっと。

DSC_1826

ステッチ。

DSC_1827

オリジナル。

DSC_1828

心電図。

DSC_1829

ネーム。

DSC_1830

ボタン。

DSC_1831

パーツ。

DSC_1832

リベット。

DSC_1839

加工。

DSC_1807

インパクトあるホワイトステッチです。

履いてみるとサラッとしたデザイン。

色んなアウターに相性抜群ですのでどうぞお試しを。

 

 

続けてデニム。

加工を施したwhizお得意のデニムは上の2色より強めのダメージです。

 

「REPAIR DENIM PANTS BLUE」。

DSC_1858

ミッドブルー。

DSC_1844

ひげ加工も素晴らしい。

DSC_1852

あて布にクラッシュ。

DSC_1853

こんなホワイトステッチも。

DSC_1856

ヒザ裏。

DSC_1857

立体。

DSC_1845

ポケットにも同じ色で心電図ステッチ。

DSC_1847

パッチ。

DSC_1846

加工したポケットになっています。

DSC_1848

ピスネーム。

DSC_1849

ボタン。

DSC_1850

カギつけれます。

DSC_1851

リベット。

DSC_1855

裾。

DSC_1859

バック。

 

そんなデザインは今季の要の一本。

どぞどぞ色々とスタイルに合わせてチョイスしちゃって下さいね。

DSC_1861

迷いますね。

DSC_1862

久しぶりにホワイトかなー。

 

 

さてさてパンツが続きます。

少し太めでカラーがナイスな一本。

バランスがナイスなパンツです。

 

「COMB PANTS」。

DSC_1893

3色展開。

DSC_1889

ベルトループんとこ。

DSC_1890

ポケットも。

DSC_1891

このちょっとしたことがいーんですよね。

DSC_1892

バックもしっかり。

DSC_1894

9分丈で太目でいまっぽいパンツです。

 

DSC_1901

ベージュ。

DSC_1903

サイド。

DSC_1881

こんなブルー。

DSC_1882

爽やかイメージ。

DSC_1883

キーパーツ。

DSC_1884

ピスネーム。

DSC_1885

横使い。

DSC_1886

前後のポケットぐちもね。

DSC_1887

シャレてる。

DSC_1902

バック。

 

DSC_1898

ネイビー。

DSC_1900

これもブルーで。

DSC_1899

バック。

 

DSC_1895

ブラック。

DSC_1897

あえての同色で。

DSC_1896

太めちょっと気になってきました。

 

秋のスタイルチェンジには欠かせないアイテムですので、

履いてみちゃって下さいね。

折り返してスニーカーで履きたい一本です。

 

 

さて、パンツはキレイ目なの続きます。

セットアップで楽しめるきれいなシルエット。

タフでシワが気にならない便利な一本です。

 

「WIND PANTS」。

DSC_1863

2色展開。

DSC_1876

ヒモが付いて楽ちんに。

DSC_1879

コインポケット。

DSC_1880

ボタン。

DSC_1877

タフな素材。

DSC_1864

バック。

一緒に発売のWIND JACKETともセットアップでお楽しみください。

 

DSC_1865

ネイビー。

DSC_1867

サイド。

DSC_1871

ヒモもネイビーで。

DSC_1872

ポケット。

DSC_1873

出してルーズ感を演出。

DSC_1874

ポケットはこんな感じ。

DSC_1866

バック。

 

DSC_1868

ブラック。

DSC_1870

サイド。

DSC_1869

バック。

キレイさにタフさとルーズ感、

いまっぽい仕上がりのさすがのデザインなパンツです。

 

 

さて、お次は定番のデニム。

ストレートで定期的に必ず欲しくなるワンウォッシュの一本。

その素材の良さをお楽しみください。

 

「5P DENIM PANTS」。

DSC_1904

2色展開。

DSC_1922

ブルーとブラックです。

DSC_1923

バックには心電図ステッチ。

DSC_1905

永遠の定番。

 

DSC_1906

ブルー。

DSC_1908

サイド。

DSC_1912

ワンウォッシュ。

DSC_1913

イエローステッチ。

DSC_1914

月桂樹。

DSC_1915

パーツ。

DSC_1916

リベット。

DSC_1917

あかみみ。

DSC_1918

ちょっと折り返しても素敵。

DSC_1919

オリジナルパッチ。

DSC_1920

ステッチ。

DSC_1921

ピスネーム。

DSC_1907

そろそろデニムを、方は是非どうぞ。

 

DSC_1909

ブラック。

DSC_1911

サイド。

DSC_1910

バック。

ブラックも今年は気になるアイテム。

どぞどぞ色々と履いてみてお楽しみくださいね。

 

 

そんな感じでパンツも盛りだくさんです。

数はいっぱい用意したのですがちょっと問い合わせが多め。

動きが早めかもしれません。

 

気になる方はちょっとだけお早目にです。

やっぱ立ち上げは一本欲しくなりますよね。

 

どうしますかね。

うーん。

 

d6dc7b88

 

 

って感じでまだ続きます。

色々と頑張ってみたらやっぱり文字数に限界きますねw

 

って事でまさかのパート3へ。

続くっ!

 

maxresdefaultDGFH

whiz 2016 AW “OUT OF THE BOX”立ち上げ③。

さらに続きです。

ラストパートの3記事め。

総文字数10万に届こうかというところですw

 

まとまるのが下手な中年です。

長くなってすみません。

 

次はインナー。

すぐに着れちゃう凄腕、揃ってます。

 

まずはボーダーと無地の切り替え。

毎シーズン大好物のこのシリーズ。

細かいとこまで気の利いたデザインをお楽しみください。

 

「COMB 8/S」。

DSC_1968

3色展開。

DSC_1954

襟にもこんなボーダー。

DSC_1955

脇下。

DSC_1956

そして裾。

DSC_1957

バックには大き目に。

DSC_1970

一枚でもインナーでも大活躍間違いなしのアイテムです。

 

DSC_1964

グレー。

DSC_1966

横から見るとこんな感じ。

DSC_1948

襟のとこはこんな二段使用。

DSC_1949

薄い色のボーダー。

DSC_1950

前後の長さが変化してます。

DSC_1951

ジャケットを羽織ると見え方が変化。

DSC_1952

これもチラリとオシャレです。

DSC_1953

サイド。

DSC_1965

バック。

 

DSC_1961

ネイビー。

DSC_1963

サイド。

DSC_1962

濃いめのボーダー。

DSC_1958

ブラック。

DSC_1960

サイド。

DSC_1959

シロクロで使いやすく。

 

少しゆったりシルエット。

ラグラン袖で着やすく使いやすく。

いつも最初の入り口に欠かせないそんなコンビアイテムです。

 

 

そしてこんな定番の無地系も。

ワンポイントで表現した刺繍のみのカットソー。

加工されたボディの着心地は最高です。

 

「VV 8/S」。

DSC_1936

3色展開。

DSC_1932

クルーです。

DSC_1933

胸には刺繍とピスネームが。

DSC_1935

バックはこんなゆったり見える仕様になっています。

DSC_1937

さらっとオシャレなロングスリーブです。

 

DSC_1938

ホワイト。

DSC_1940

サイド。

DSC_1924

丸首。

DSC_1925

胸ポケットと刺繍とピスネーム。

DSC_1926

柔らかい風合い。

DSC_1927

バックのこの部分がシャレてます。

DSC_1947

サイドにもこんなデザイン。

DSC_1939

ザックリ使えるカットソーです。

DSC_1941

グレー。

DSC_1943

サイド。

DSC_1942

バック。

 

DSC_1944

ネイビー。

DSC_1946

サイド。

DSC_1945

バック。

 

探した時には見つからない、そんなシンプルなアイテム。

最近の流れでも相当使える一枚です。

一枚でもインナーにもどうぞ。

 

 

インナーが続きます。

グラフィック調のデザインのロングスリーブ。

STG、STORY TO GENERATIONと描かれています。

 

「STG L/S」。

DSC_1989

こんな3色展開。

DSC_1991

バック。

 

DSC_1992

ライム。

DSC_1994

左袖にもプリントが。

DSC_1993

パンチあるカラーです。

 

DSC_1995

ホワイト。

DSC_1997

横から。

DSC_1996

バック。

 

DSC_1998

ブラック。

DSC_2000

サイド。

DSC_1999

バック。

 

サイドにはピスネームもつく仕様。

インパクトのあるデザインはいまっぽいですね。

オリジナルボディが魅力的。

 

 

そんなインナーが3型入荷です。

すぐに使えるラインアップ。

どうぞ着てみちゃって下さいね。

 

 

はい。

最後は小物。

小物も素敵なのいっぱい揃いすぎです。

 

まずはストール。

今シーズンのデザイン「RACE」柄のアイテム。

大判で秋冬に大活躍仕上がり。おすすめです。

 

「RACE STALL」。

DSC_2055

2色展開。

DSC_2048

シャレてます。

DSC_2056

フリンジ。

 

DSC_2053

ブラック。

DSC_2052

グラデーション。

DSC_2041

大判です。

DSC_2042

差し色にぴったり。

DSC_2043

お好きな場所でお楽しみください。

 

DSC_2054

ブルー。

DSC_2050

赤がパンチあります。

DSC_2039

でっかい。

DSC_2044

フリンジも。

DSC_2045

これも首につけるといーんです。

DSC_2046

ほどよい配色。

 

毎シーズンかなら買ってるストール。

大げさですがいつもまずはここからスタート。

これ一枚で夏から秋に変更を感じる、そんな大好きなアイテムです。

 

 

そしてハット。

スウェットハットは珍しく、whizはそれに撥水加工をプラス。

他にはない最高の仕上がりになっています。これいーです。

 

「SWEAT HAT」。

DSC_2001

3色展開。

DSC_2003

グレー。

DSC_2008

水、バンバンはじきます。

DSC_2009

ツバは長めです。

DSC_2007

高級感もありありです。

 

DSC_2004

ネイビー。

DSC_2006

ブラック。

 

大き目のツバがポイントで、

さらには加工も最高級。

こんなハットを待っていた、って声が聞こえてきそうなアイテムです。

 

 

んでもういっちょハット。

こっちはRACE柄になったゴージャスな仕様。

ツバが長めで色々なアイテムと相性抜群です。ストールとか。

 

「RACE HAT」。

DSC_2010

こんな2色展開。

DSC_2017

染み込んでます。

DSC_2018

インパクトあるデザインですね。

 

DSC_2011

ブルー。

DSC_2013

赤が目を引く。

DSC_2014

ツバ広め。

DSC_2015

グラデーション。

DSC_2012

ブラック。

 

ハットを探しに来てくれる人が多いいま、

きっとかぶると欲しくなる明るめデザイン。

どぞどぞ挑戦してみちゃって下さいね。

 

 

そしてキャップ。

ワッペンがかわいいこんなキャップ。

whizらしい形でかぶるだけでオシャレです。

 

「PATCH CAP」。

DSC_2021

3色展開。

DSC_2030

ワッペンがカラーで変化してます。

 

DSC_2022

グレー。

DSC_2029

ブラックにブラック。

DSC_2025

後ろはゴムになってます。

DSC_2026

サイドにはピスネーム。

DSC_2028

横には空気孔。

 

DSC_2023

ネイビー。

DSC_2024

ブラック。

 

その色も安定感ある仕上がり。

さらっと使えるキャップはお見逃しなく。

 

 

小物のラストをかざるはマップのキャップ。

ワッペンが付いたまとまりあるデザインは、

同じ柄のアイテムの相性バッチリ、シーズンも楽しめます。

 

「MAP CAP」。

DSC_2031

2色展開。

DSC_2034

こんなデザインです。

 

DSC_2032

ホワイト。

DSC_2035

空気孔。

DSC_2036

バックはゴムでフリーサイズ。

DSC_2037

いつもの使いやすさ満点です。

 

DSC_2033

ブラック。

 

同じ柄のマウンテンジャケットやショーツに合わせても楽しいアイテム。

一度かぶるとたまらないwhizのこのタイプ。

キャップが好きな方は是非お試しくださいね。

 

 

はい。

長々とありがとうございます。

 

総勢20型。

全型全色入荷でお店もすごいことになってますw

high-dio

 

 

始まる前から問い合わせが多すぎて、

今日がどんな一日になるのか想像が付きません。

 

加工のクラッシュデニムだけでも20本以上用意しましたが、

全然足りないと思います…

 

いつも少なくてすみません…十分かと思ってましたが、

カタログ配布からは反響が大きすぎました。

読みが甘かったです…くそーす。

ba4ba79b

 

とまあ始まる前から言い訳ですみません。

 

んな事言ってられませんよね。

 

 

今日はこんな感じで。

DSC_0187

このジャケットすこぶる好きですのでブラックで。

 

お店の中は新作だらけで楽しい。

DSC_0180

ジャケット。

DSC_0181

パンツとか小物。

DSC_0183

カットソー全般。

早い時期だとサイズも揃ってますので、

どうぞ遊びに来ちゃって下さいね。

 

 

長々と読んでいただきましてありがとうございます。

 

whiz 2016 秋冬、総数132アイテムでオープンです。

 

 

どうぞお時間がる方は遊びに来ちゃって下さいね。

 

一年で一番好きな季節である秋を、

全力で楽しみたいと思います。

 

どうぞ皆さん、宜しくお願い致します。

 

 

そんなこんなで。

まさかの3部作。

長々とすみませんでした。

 

4963

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今日は土曜日。

whiz秋冬スタートです。

 

このBGM爆音でオープン。

 

頑張ります。更新。。。