WHIZ×ミタ×NB、シャンブレー、ワイド、STGなど盛りだくさん。

おはようございます。

今日は何かと騒がしい4月中旬の土曜日です。

 

あんまりここ数年でも、

こんなに騒がしい4月もないので、

困惑はしていますが、気力で乗り切り中。

 

ぐっと集中するのは好きですが、

毎週毎週ハードな感じで、お騒がせをしておりまして、

大変申し訳ございません。

 

って事でwhizの入荷がもりもりの土曜日です。

素敵なラインナップをどうぞお楽しみください。

 

 

 

まずはWHIZ×mitasneakers×NEWBALANCEからご紹介。

どんなものかの説明を(お借りしました)どうぞです。

1906年にアメリカ/ボストンにて「アーチサポートインソール」の開発や偏平足等を治療する矯正靴の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな三本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合する事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が、2016年に110th Anniversary(110周年)の節目を迎え、クラフトマンシップを体現しながら真摯な姿勢で作り上げたmade in U.S.A.(メイドインUSA)、made in England(メイドインイングランド)のプロダクトを通して”made.(メイド.)”と言うキーワードと共に世界中のユーザーにブランドフィロソフィを提唱しながら、スポーティンググッズの世界で培ったテクノロジーを実用的に反映したmade in Asia(メイドインアジア)のニュープロダクトを交えてフューチャークラシックを創造して行きます。

ベーシックなスタイルが主流だったストリートシーンに於いてデザインコンシャスなアパレルを提案すべく”Individual Clothing(インディビジュアルクロージング)”をデザインコンセプトにモードやストリートの枠組みを超えたTokyo Street(トウキョウストリート)と言う世界観を構築するデザイナー「Hiroaki Shitano(下野 宏明)」氏が率いる「Whiz Limited(ウィズリミテッド)」と、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「Shigeyuki Kunii(国井 栄之)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers」とのトリプルコラボレートモデルがゲリラリリース決定。

1988年にリリースされ、2018年に30th Anniversary(30周年)の節目を迎えた「new balance」を代表するクラシックオフロードランニングモデル「576」は「C-Cap(シーキャップ)」と「Encap(エンキャップ)構造」を組み合わせた「ソールユニット」を搭載し「グリップ性」に優れた「アウトソール」を装備したオフロードランニングモデルとして開発されながら、ファッションアイテムとしても高い評価を得た事で圧倒的な支持を集めた名作。そんな大定番モデルの廉価版として開発された「574」はアメリカにて記録的なセールスを叩き出し、満を持して日本での本格展開が開始され「mita sneakers」とのコラボレーションモデルを皮切りに、様々なブランドやショップとのスペシャルメイクアップモデルがリリース。その後も「new balance」主催のカラーリングコンテストや2007年の「APAC」プロジェクトである「Hungry Dragon(ハングリードラゴン)」そして、2012年には「mita sneakers」と「Oshman’s(オッシュマンズ)」のコラボレーションモデル「ML574 Mojito(ML574モヒート)」がリリース。

2015年には「574」の「アッパー」を最新の圧着技術で進化させながら、最新ソールユニット「Fresh Foam(フレッシュフォーム)」を融合してリインベントされた「MFL574」が誕生し「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「MFL574 “History Gradation”(MFL574ヒストリーグラデーション)」が発売され、2017年にはmade in U.S.A.の「574」をweb上でカスタマイズ出来る「NB1(エヌビーワン)」のサービスを開始。2018年には、過去に世界各国で人気を博した四つのコラボレートモデルを再生した世界プロジェクト「Iconic Collaboration(アイコニックコラボレーション)」が始動し「Whiz Limited」と「mita sneakers」の「ML574」が登場する等、これまでのイメージを一新するプロジェクトやアイテムのローンチにより人気・実売ともに好調を維持しながら新定番モデルとしての地位を確立しています。

名実共に「new balance」を代表するスタンダードモデルとなった「574」に”Future Archaeology(未来の考古学)”をテーマに掲げ誕生した「MS574」をベースに、更なるブラッシュアップが施されたニューモデル「MS574 V2(MS574バージョン2)」は「574」の特徴的なシルエットを継承しつつ「シュータン」と「ライニング(履き口)」を一体成形に進化させた「モノソック構造」を用い「コンフォート性」を余す事無く体感出来る逸足へと昇華。また「ソールユニット」には、左右非対称な凹凸形状により「安定性」と「クッショニング性」を向上させると共に「ハニカム構造」に大小を設ける事で「屈曲性」も確保した最新ソールユニット「Fresh Foam」に「グリップ性」の高い「アウトソールパターン」を組み合わせる事で高水準の「軽量性」と「クッション性」を実現しています。

そんな「MS574 V2」をフィーチャーした今作のトリプルコラボレートモデルは、無骨で土臭いミリタリースタイルやワークスタイルを再解釈しデザインコンシャスなスタイルに昇華させて展開する「Whiz Limited」2019年春夏シーズンのコレクションテーマである”Screen(スクリーン)”にフックしたカラーリングを採用しながら「アッパー」マテリアルには「通気性」に優れた「ナイロンメッシュ」「ダブルラッセルメッシュ」そして上質な「スウェード」「ヌバック」更に夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(反射材)」を巧みに散りばめて具現化。また「衝撃吸収性」や「耐久性」 に特化した「オープンセルポリウレタン」を使用する事で常に履き心地の良いドライ感を 保ちながら、無数のミクロの空気穴から湿気を逃がし「通気性」や「防臭性」に優れる「OrthoLite(オーソライト)」社製の「インソール」には「Whiz Limited」 そして「mita sneakers」の「ロゴマーク」に加えて「mita sneakers」のアイコンである「Chain Link Fence(金網)」を組み合わせ作成された「グラフィック」が鎮座し、オフィシャルコラボレートモデルである事を証明しています。

110th Anniversaryを通過点に「普遍性」と「革新性」の新たなバランスを体現し、更なる進化を魅せる「new balance」。そんなブランドフィロソフィと最新テクノロジーが融合したフューチャークラシックなプロダクトをベースに「Whiz Limited」と「mita sneakers」のエッセンスを紡ぎ上げた今作から、コラボレート本来の意味や意義を感じ取って見て下さい。

 

という感じのスニーカーが本日発売です。

MS574V2。

絶妙な配色。

WHIZらしいと言いますか。

リフレクターもこんなにいっぱい使われています。

中もポイントです。

細かいところまで気が利いてます。

かかともかわいい。

この赤も好き。

サイド。

後ろ。

後ろにもNEWBALANCE。

メッシュ。

さらにヒモが2種類付きますので3パターン。

どうぞお楽しみください。

ボックス。

開いた時にワクワク。

ヒモが入る袋までちゃんとしてるのも素敵です。

って事でどぞどぞお試しくださいね。

 

きっとどこかへ行きたくなる、

そんな一足です。

 

 

 

続いては今週発売の新作です。

シャンブレーのこんなシャツはボタンでナイス。

先週のガーゼに続いてシャツの中で大のおすすめです。

 

whizの夏のアイテムと言えば半袖のシャツ地のアイテム、

と思う方も多いのではないでしょうか。

今季はシャンブレーでかぶりのノーカラーで。

 

ステッチやボタンにもこだわった一枚で主役になってくれます。

風通しも良く一枚でもインナーでもどんとこい。

毎年人気の無地の主役をお見逃しなく、ポケット横にはネームが付属します。

 

CHAMBRAY SHIRTS」。

3色展開。

ステッチがホワイトなにがまた良い。

ポケットにはボタンとネームが。

そして腰にもポケットが付く便利仕様です。

ボタン付きで着やすく。

それでいてさわやかに。

バック。

 

 

 

ブルー。

ボタン。

ポケット。

腰のポケット。

個人的ですがホワイトステッチのアイテム今季大好きです。

バック。

青も写真難しい…

 

ホワイト。

両胸にポケット。

ステッチにあたりが出てくるのも楽しいシャンブレー。

中にはネームが付きます。

サイド。

バック。

 

グレー。

これもステッチがぱっきり見えてシャレてる。

かぶりでゆったりは毎シーズン欠かせません。

バックにもステッチ。

サイド。

バック。

 

これまたおすすめのデザインです。

このちょっと作りこんだ無地のアイテムは、

個人的に毎年一番夏に着ちゃうアイテム。

どぞどぞお試しくださいね。

中からちょっと出る白Tも用意しなきゃ。

いいなーこれ。

 

 

 

続いては半袖Tシャツ。

雰囲気のある後染めのTシャツはワンポイント刺繍でシンプルかつオシャレに。

褪せた雰囲気をお楽しみいただければと思います。

 

胸の「STORY TO GENERATION」の刺繍がかっこよすぎる仕上がり。

オリジナルボディのバインダー等の細かい作りにもご注目を。

whizでは後染アイテムはなかなか珍しいのでどうぞお見逃しなく。

 

「STG T SHIRTS」。

3色展開。

STORY TO GENERATION。

の刺繍。

ネーム。

中にはネーム。

サイド。

バインダー。

バック。

 

ホワイト。

刺繍。

後染でちょっとベージュっぽい仕上がり。

サイド。

バック。

 

ネイビー。

ホワイトで刺繍。

独特の雰囲気があります。

サイド。

バック。

 

ブラック。

グレーな感じ。

ネームとピスネーム。

サイド。

バック。

 

ちょっと加工のあたりが出たり寄れた感じが優しい風合いです。

シンプルですが形と作りにこだわった一枚。

どうぞお試しくださいね。

ベストの中とかもとっても素敵です。

 

 

 

最後は今季一発目のショートパンツ。

ワイドなこんなデザインから登場です。

今年も暑くなりそうな夏に最高なショートパンツが入荷開始。

 

ワイドなシルエットは履けば分かる便利な一本。

ウエストがゴムで楽ちん、張りのある素材はきっと誰もが気に入ります。

太目でとっても涼しいのでおすすめです。

 

「WIDE SHORTS」。

3色展開。

楽ちんなショーツは見逃せません。

ポケットにはコンシールファスナー。

ウエストにはコードとゴムで。

ワイドなシルエットももう履き慣れましたね。

シンプルなワイドはきっとみんな待ってた一本です。

 

ブラック。

コード。

ポケットとゴム。

これが履きやすさ満点なんですよ。

サイド。

バック。

 

レッド。

コードはブルーです。

発色が強めですが夏にぴったり。

後から欲しくなる一本ですね。

サイド。

バック。

 

ネイビー。

素材もよし。

ポケットも便利でよし。

 

中にはネームがこんな感じで付属します。

サイド。

バック。

 

って感じでショーツの入荷も開始で、

いよいよ夏の空気も加速してきました。

 

毎年何だかんだと太いの1本はゲットしてるので、

この夏も結局欲しくなるんだろうなと思っています。

柄も良いけど、無地は不変ですよね。

 

ってな感じの入荷のラインナップ。

先週のたっぷりのアイテムと合わせて、

どうぞお楽しみくださいね。

 

今週も無事に土曜日を迎えれてよかったっす。

皆に喜んでもらえたら良いなと思います。

一緒に盛り上がりましょう。

 

今日はシャツにニューバランスで。

そして相変わらずのナイトパンツは履きやすいっす。

全部気に入った。

半袖いっぱい見てますが、

いま見といて損はないと思います。

 

って事でおススメですw

楽しい。

 

 

 

 

 

そんな一昨日。

4/11(木)。

一人の木曜日。

 

朝からさー大変な一日。

ほっといたらいつまでも寝れそうな、

そんな体の重さもありつつ。

 

取り合えず一人でやってみよー、

って水木、しかも入荷たっぷりVer.。

 

途中2時間とかお店閉める時間があるのは問題ですが、

ぜんぜん何とかなりました。

やってみて分かる想定外。

 

大変なのはとっても大変ですが、

やれてしまったら考え方も変わる。

 

問題は自分以外に写真撮ったり更新したりする人がいない事。

もしも出来る人がいたら、

また自分があいた時間で何か出来るって事ですからね。

 

若い人をそろそろ、と思いながら早一年。

重い腰を上げれば、ってところまで来たかもしれません。

色々なケースをやってみたからこその経験は大事。

 

んで撮影も無事終了。

上の踏み台昇降運動を頑張った。

 

この日は、

皆は夏物を見に来てくれる日で、

あれこれ大好評でよかった。おかげさまで賑やかな毎日です。

 

HASHIMOTOくんとあれこれ話してスタート。

ナイスなタイミングだったねw

よかった。

 

KAZUMAちゃんとあれこれ話して。

ジャージ似合うよねw

 

んでKATO-くんと話したりで、

取り合えずあっという間に時間は流れてました。

明るい色が似合うっていいよねw

 

 

 

最近たまに隣に作ってもらうご飯がありがたい。

丼。

ごちそうさまでした。

皆やさしい。優しいは楽しい。

 

夜はTERUさんが遊びに来てくれて、

あーだこーだ話しーの。

ノースリーブサイズバッチリなら何よりっす。

 

最後はTAKAOKAくんブラザースとあれこれ話して、

気がついたら遅い時間でした。

 

一日ハードでしたが、

思った以上に進んで終了。

なんとかなるもんですねw

 

んで遅くなってダッシュで帰宅。

左耳が絶不調になり、

まだ花粉の猛威は自分を襲ってきますw

 

困った…

まあ慣れるしかない。

 

そんなこんなで。

それではこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今日は土曜日。

色々発売で楽しそうな一日スタート。

宜しくお願い致します。

 

頑張ります。更新。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA