ストップ。

2011年の1発目に観る事になった映画。

アンストッパブル

」。

デンゼルワシントン

が出てる事しか知らなくて、

なぜかチョイスされたこの映画。

昨日から上映開始ってのもあって。

まー察しのとおりの「暴走列車を止めろ!」って話で。

実話に基づいて脚色してる系の、

いつもなら興味も示さない内容なのですが、

新年は新しい方がいいでしょって事でチョイス。

取りあえずデンゼルワシントンはガチです。

CGブームで近未来やら他の星やら「ありえない」事を想像して創造する昨今の映画業界。

「そんな時に暴走列車って…」ってノリで観に行き、

いつも通りギリギリで到着。

全く期待せずに始まって。

何やらよく分からない人間関係の説明から始まり。

問題発生まで。

スムーズになぜか引き込まれる内容のテンポはよし。

最初がドキュメンタリーっぽいタッチのカメラワーク(ズームが雑)、

問題発生からは全く違った視点切り替えまくりのカメラワーク。

過去に様々な列車系を観ましたが、

「わがままを言えばこういう風に撮りたいよね」ってわがままがすべて叶ってた様な、

本当すっげー映像。

もー全部CGでもいいんですが、

これどうやって撮ってるの?って疑問がいっぱいでした。

まさに現代2011年の最新暴走列車映画。

ハードル下げまくってたのもありますが、

面白かったです。

早いスピードの表現の仕方は凄かった。

近接にパトカーを走らせたり、必ずヘリを近くにして、

それを映像にカスラせる事でひきこまれる様な疾走感が続きます。

あまりにもテンポの良い展開に感情がどこにあるのかも分からなく感じも○。

大げさじゃなさすぎる人間関係も実際に基づいてる匂いがしていいのではないでしょうか。

久しぶりのダークじゃなくてアクションは楽しめました。

3点。

って休めばよかった。

って金曜日を終えた後に映画に。

金曜に休みたくないのですが、

一気に静けさが広がる1/7。

誰も歩いてませんでした。

あーだこーだ考えて一日終了。

電話やらメールやら家でできる事が多かったのも何とも微妙な感じ。

今年の暦の関係上、

11日まで休みはなしです。

で終わって飯食べて。

久しぶりにガッツリ飲みたくてワインやらあれこれ飲んで。

泥のように就寝。

毎度のことながらワイン飲んだ次の日は二日酔いです。

今日は土曜日。

世間は今日から3連休。

お店

は一年間で一番静かな3連休。

お時間ある人はどうぞ遊びに来ちゃって下さいねー。

ゆるゆるの空気です。

頑張ります。更新。。。

Related posts

コメント