実り多き人生と海のような愛と。

おはようございます。

ご報告をさせてください。

昨日2022年7月12日、

第二子が生まれました。

3080グラムの女の子です。

母子ともに元気です。

それが当たり前ではない自分には、

こんなに嬉しい事はありません。

 

妻の体を心配しすぎて考えられなくなりました。

考えられないほど考えるとバリバリって剥がされて、

一歩後ろから自分を見てる感覚になります。

 

これがもしも停止状態と言うのであれば、

停止とは俯瞰で見るきっかけになる気もします。

 

それを認識するかどうかの違いはあれど、

大枠はたいして変わらない。

ということは考えすぎると一元論になる。

 

あ、そういう話ではなくて、

こんな感じで日々に没頭して、

出産の日を迎える事ができました。

 

これも皆様のおかげです。

感謝しかありません。

ありがとうございます。

 

本当は7月6日生まれを望んでましたが、

(帝王切開で日を決めれるため)

産科の主治医のベストは今週でした。

 

その提案を飲み込み、

7/12に設定したのは2か月ほど前。

 

第一子が深夜の破水から緊急で生まれたため、

その記憶が常に過ぎり予定通りに行くはずがない。

 

と、考えてましたが一日、また一日と日めくりし、

たどり着きました。

「予定通りの入院」は初めてです。

 

いつも突然で心がぐちゃぐちゃになる入院ってのは、

自分には恐怖の対象でしかありません。

今回初めて「良い入院」というものを経験しました。

 

これが妻がいなくて泣く息子に伝えると、

ちゃんと理解してくれて強くある理由になりました。

 

ここを読んでくれてる方には、

さんざん想いは伝えていますので、

クドい話ですね、すみません…

 

ついつい記録となると思ってることそのままで…

 

強く自分に刻みたいのは、

子供は多い方がいいとか、結婚するべきとか、

あれよりこれが、ああするべき、こうするべき。

 

そんな誰かと比べる意味ってのは、

生きる上では全く必要が無いなと思ったことです。

 

どんな事であれ、

自分と一番近い人、皆が納得してればそれで良い。

その決意とか納得があればすべて正解。

 

もっと言えば一番近くの集団にちゃんと出来ないのに、

何を他の事に目を向けてるのか?

そこじゃねーだろ、そんな暇ねーだろってね。

 

最近の世間、世の中では当たり前かもで、

近くの人、家族への裏切りとかに厳しいですよね。

浮気とか不倫に対してとか、言葉にしてるかどうかはさておきで。

 

いや、そもそも正解って言葉すら必要ないです。

正しいもなにもない。

納得した意思決定がそこにあればそれだけで良い。

 

 

自分で言えば、

妻が投薬をやめて第二子が欲しい、となって、

それに対しては前向きではなかった自分。

 

ごちゃごちゃ毎日言ってました。

くよくよ毎日不安でした。

誰の何を心配してるのか分からなくなりました。

 

最初は家族の中で妻以外は皆が同じ。

不安とか心配とかで気が気じゃない。

 

それが月日を重ねるごとに裏返る。

ここまで来た、もうすぐだ、ついに会える。

楽しみすぎる、とにかく待ちきれないほど。

 

この心境の変化は覚悟というものだと思います。

時間と共に決めた、

各々の目線、見てる世界のこれから。

 

その覚悟の先にあったものは、

誰よりも覚悟な早かった妻が見せてくれた、

チャレンジしたから見えた美しい世界でした。

 

これはもしも自分が意思決定者だったら出来ない体験。

 

体験しない限りは、考えもしない。

その考えもしない、という体験もまた一つの意思。

と言う事はですよ、皆が皆、全部それで良い。

 

誰も何とも比べる意味もない。

もし比べたい人間がいたらそこからは否定が放たれるので、

それをいちいちキャッチしない事が重要な事。

 

皆が皆、思う様に、

すべて自由に生きるのが良いと思います。

 

とらわれない事にとらわれない事に、

とらわれない事に、とらわれないみたいな。

考えなくていい、どうせ剥がされ俯瞰になる。

 

誰かと比べてるだけと分かれば、

どれも間違いでどれも正解。

 

そんな単純で当たり前のはずの話、

いつの間にか巻き込まれるのが世の常ですので、

惑わされず、無視、いや無私を。

 

それに気が付いたら、

無理に誰かを変えようとしてる人はまず変えれない、

結果変えれていない、という結果と勘違いを続ける事実がある。

 

変える、変えれるが烏滸がましくそれに意味がない。

変われると思うのは自由なので正しくは変わる。

という体験から真実がいっぱい見えます。

 

要は表面しか見えてない証拠はいつもあるんです。

誰かの思うに引っ張られて都合の良い変化をする必要もない。

それが分かればそんな会話はテキトーに流しっぱなし。

 

なので「また比べてる」という群れからは離れて、

自分は自分、って軸を持てれば、気持ちも強くいれる。

 

意味のない比較に身を投じない、

例えばお金の話ばっかりしてる群れは、

ビルゲイツの靴を舐めるのでそんな群れからは離れればいい。

 

その不一致、押し付け、強要がどういう事か分かる事。

理論を理解できれば観察が出来るので、

これで十分だ、沢山の身の回りの輝きに気が付ける。

 

なんだか話が長くなりましてすみません。

まず自分を大切にして、近く人を幸せにしましょう。

その外野はどうでもいいです、気にしない様にしましょう。

 

周りを幸せにすることが幸せなタイプの人も、

まずは自分は幸せじゃないと始まりません。

 

その幸せも近くの誰かからの送りもだとすれば、

そこには感謝しかありません。

なのですべては感謝に尽きると思っています。

 

皆が決めたことに胸を張って生きれば良い。

もしなんか違うと思ったら変わると決めればいい。

もしちゃんと決めてないならいま決めればいい。

 

これからどんなことがあっても、

大変な人生が待ってるとしても、

毎日が輝いてる、と思える事は後悔もない。

 

誰かを幸せに。

家族を、いつもの皆を、と思えば、

自分の大切な場所はもうすでに見えてる。

 

だから続けることが出来るし、

続けていきたい。

そんななぜ毎日飽きもせずにできるのか?

 

の謎は、

もうそこに自分は誰かのためでしかなかった、

という事がより分かりました。

 

という事で、日々は続いていくので、

楽しくいきましょう。

助け合いと感謝を楽しく。

 

子供の話からなんかズレちゃいましたね…

 

欲望、思考、没頭とあるとすれば、

思考は他人から評価されないためのもの。

 

そのまま信じたことを突き進むのが各々の幸せです。

だから優しく謙虚に強くありましょう。

困った時は助け合いましょう。

 

自分が力になります。

 

 

 

「縁起でもない事は考えない、縁起でもない事は言わない」。

この言葉に何度も救われています。

きっとこれからも。

 

誰かのしたいことを思い切り応援するってのも、

振りかかった雨に傘をさし続けるのも、

とても幸せな事です。

 

ということは大切な人が増えるのは幸せ。

近くの皆を大切な人と思えるだけで、

もう人は幸せなんです。

 

今回、そんな事を刻みました。

いつもめんどくさい話ですみません。

 

泣きながら学ぶことは多く、

ドンドン変なこと言ってます。

 

こんなのを読んでくれた皆さん、

本当にありがとうございます。

おかげさまで今日も頑張れます。

 

おかあさんとあかちゃんの写真。

誰に似たか分かりませんがニット帽をかぶる。

手が大きい女の子です。

この写真が好きすぎます。

 

なんというかこう言葉に表現できないなにかがある。

心からありがとう。

お疲れさまでした。

 

 

 

今日はご報告だけですみません。

 

また明日からペースを戻せればと思います。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

そんなこんなで。

それではこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今日は水曜日。

頑張ります。更新。。。

Related posts

コメント