揺れる元日。

おはようございます。

もう一週間前のことですみません。

いまさら元日の記録です。

 

震災のあの日のことを少し。

1/1(月)。

元日。

 

元旦は1月1日の午前中。

読んで字の如くとはよく言ったもので。

元日は1月1日の事です。

 

そんな元日。

寝れたのか寝れてないのか分からない空気は、

いつもの年越しからの年始ということで。

 

天気も良いし、

なんて気持ちがいい正月。

 

まだ一週間前なんて思えない記録。

もう気分的には14日を過ぎています。

 

お雑煮が元日のご飯。

お雑煮食べたい。

正月のお参り。

天神様、仏壇、神棚、全てちゃんと済ませて。

 

家族でお正月を祝う。

これが毎年自分が決めてること。

 

そして砺波の親戚んちで行って、

お正月をお祝い。

これも毎年の事。

 

ごちそうも用意してもらい、

感謝しかありません。

お正月の挨拶をして。

 

 

2024年01月01日16時06分。

スマホから鳴り響く注意報。

すぐに揺れはとまるもただ事ではない。

 

2024年01月01日16時10分。

スマホが操作が聞かなかったのは偶然なのか。

分かりませんが直観でただ事ではないと感じる。

 

震度7。

震源から80kmの場所。

 

何をおおげさな、と思われても気にしない自分は、

揺れ出してすぐに息子を抱えて外に飛び出す。

「早く、早く外に出て」と怒号。

 

叫び声と共に町中が裸足で外に飛び出す。

終わらない揺れ。

外では音がする電柱、前後に大きく揺れて走り出しそうな車。

 

そして薄着と恐怖で震える大人、

泣き叫ぶ子供たち。

それは過去に経験したことが無い状態でした。

 

小刻みに揺れる状況に気が気ではなく。

何度も外に飛び出した後に飛び込んできたのは、

「大津波警報」の紫色の文字。

 

しかも実家も自分んちもどっちも津波警報。

なんだ?この恐怖映像は…

過去のどんな怖い絵よりも怖い。

 

不安が異常すぎる。

たった1時間が数日に感じる。

 

全体が止まらない連絡から、

どうやら震源地から60kmがない実家付近は、

避難するしかなくなったらしい。

 

テレビで大声で逃げろと叫ばれる。

なぜアナウンサーがそんな事をいうのか、

ここは国がちゃんと言うのではないのか。

 

そんな細かい事も考えられません。

冷静にあの時に動画を撮るなんてとても無理です。

 

息子と抱えること、娘を妻に託すること。

限界での行動は自分の意味の気持ちでした。

 

どれだけ時間が過ぎたかは分かりません。

少しづつ報道が落ち着いてきたころ。

様々な方々から心配の連絡があり心から感謝。

 

我に返ると、

「明日、初売りじゃないか」と冷静になる。

 

避難、断水、津波、土砂崩れ、

耳に入る単語が初売りとは乖離が過ぎる…

地元の富山からはそう考えるしかありません。

 

夜に福井に戻る、としても、

大津波警報が出てる県をまたぐのか。

そこは当たり前ですが反対される、そりゃそうですよね。

 

聞けば道路はパニック、山は土砂崩れ。

そして北陸道(高速道路的なもの)は全面停止。

海沿いを通るので当たり前。

 

ここで決めなければいけない。

待つか出るか。

持てる知識と情報からしばらく真剣に考える。

 

道も全部見てみる。

道路の映像もすべて確認。

山の方からはどうだろう、海抜はどのくらいか。

 

全部の道をトイレで確認して、

「よし、出発します」と決める。

ダメなら戻る、といういつもの代替案も用意。

 

長時間になるかもしれない。

5歳と1歳のための食糧、水をもって出発。

帰っても翌日お店を出来ると思っていない。

 

でも、状況上でのベストはこれだ。

という意思決定、ある種の恐怖からの切断を行って出発。

上手く動かないグーグルマップを微調整しながら。

 

通りながら恐怖でしかないパトカーの数。

消防車はそこら中にいる。

全車両が赤色灯を全点灯。

 

道に高さが出てくると、

道沿いにはハザードで止まった車が何十台もいる。

通る道にあるコンビニは全て駐車場に入らないほどの車。

 

コンビニ内は空いてるのに、

駐車場が異常でしかない。

な、なにが起きてるのか?

 

と、停まってみたら、

車内には大人数が留まり、テレビやスマホに釘付けでした。

そこで「これは避難なんだ」と理解しました。

 

石川県では2分に一度くらいはナビがハッキングされて、

「大津波警報地域、移動してください」と連発。

全力で移動してる途中に何度も何度も恐怖に陥る。

 

元日なのもあってか、

道は想像以上になにもない。

パトカーと消防車だけが異常数。

 

そのままスムーズに下道2時間ちょっとで、

福井県に入りました。

 

驚いたのはここからです。

 

まずパトカーも消防車も急にいません。

すれ違う両車両は赤色灯は無点灯。

ここで福井は状況が違う、と気が付きました。

 

北陸道はずっと閉鎖中。

 

車はいつも以上に走っていない、

元日モードそのまま。

 

家につくと、

色々と落ちていましたが、

あっちでの経験に比べると何も無いに等しいです。

 

とてもじゃありませんが、

一日で、それも数時間のこととは頭が追いつきません。

何がどうなってるの?みたいな。

 

実家では朝お参りした場所がすべて倒れて、

避難は続き、水もとまって、ライフラインもままならない。

この差は一体なんなんだ、という違和感が怖い。

 

自分は両側面を見る事になるんだと、

ここでの理解もやっと追いつきました。

緊急時の思考は偏りが凄いなと反省です。

 

どうやら初売りは出来そう。

石川県は出来る訳もないのに。

そんな中で本当にやるべきなのか。

 

と悩み考えるも、

11年間のあの震災時に落ち込んでたどり着いた、

役割はなんだ、やれる人間がやるしかない。

 

奮起。

そこから翌日のアナウンスを改めて始めました。

自分のメッセージは届いたのかもしれません。

 

応援と心配の意味もあり、

初売りには沢山の仲間が駆けつけてくれました。

 

それは翌日の事。

 

この夜も連絡は止まらず、

本当に沢山の方に心配をしてもらいました。

心を配ってくれたこと、一生忘れません。

 

気を遣わないように連絡をしない選択も、

自分はしっかり汲んでいます。

心から感謝します。

 

自分は、福井の方は、

揺れによる割れや故障は多いものも、

皆は無事でした。

 

 

 

幸い、実家はガラスが割れたりの、

時間がかかる被害はそこまでなく、

断水の問題も井戸水で何とかなる、と母親は強い。

 

しかし、付近ではそんな事はなく、

大きな問題が山積みです。

 

こんな事があるのか、

という大きな大きな問題が起きました。

というはお墓、墓苑が倒壊してしまったことです。

これは自分もショックでショックで。

お墓というものの大切さに、

やっと去年理解できたと感じた最中の出来事です。

 

母親が今後と草木のためにお墓の周りを変えよう、

と決めたのも最近でした。

どんな言葉を並べても並べるだけ衝撃です。

 

まだ今日も処理できていないこと。

偶然、弟が帰ってきていて、

この顛末を確認できました。

 

まだまだ余震が続くため、

倒れたものを戻すことすら憚れる。

そんな状況です。

 

この約一週間。

沢山の方と話して、

仲間たちに「力になる」と力強い声をもらいました。

 

各々が出来ることを。

そんな皆の力が周りにある、というだけで、

自分は強くいれます。

 

さっそくこんなに厚手のビニールを持って来てくれました。

今度実家に持っていきます。

ありがとう。

 

県内に無いものを聞いて、

用意したり持っていく事しか出来ません。

 

 

これからの寒さと雪、

そして異常数に感じるインフルエンザ。

 

関連した二次的な事の不安はまだまだこれからです。

まさかこんな年始になろうとは…

 

と誰もが口をそろえています。

たまたま年始だったから、

という文脈も様々かと思います。

 

いまの自分たちがするべきことに集中して、

今日も前を向きます。

 

心配しすぎてそんなに心配しなくて大丈夫。

とかよく言われる自分の悪い癖。

 

心配も大切と理解しながら、

心を配る形で留めることも大事ですね。

 

この数日間で考えること、学ぶことが多くて、

戸惑っています。

 

まだまだ自分はやるべきことが沢山。

共にある、明日はある、と胸に刻み、

命あることの感謝を積み重ねていきます。

 

そんな元日でした。

 

皆様のご無事を祈ります。

 

そんなこんなで。

それではこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今日は日曜日。

頑張ります。更新。。。

blog
スポンサーリンク
シェアする
鉄は熱いうちに打て!

コメント