某雑誌。

真剣に言わずに隠してたのですが、やはり皆は見てるみたいで、やたらとリアクションあります。

先日発売した県内の雑誌に…


嫌々出ました。

「珍しい…」とか「どうしたの?」とか言われますが…これにはちょっとした理由がありまして、

この場を借りて言い訳させて下さい。

5月某日。

あれは確かゴールデンウィーク中だったかな。

お店
の中は人がいっぱい。

そこへカメラを持った一人の男性。あの時のザワッとしたKYな雰囲気は今でも忘れません。

カメラの人「あの~雑誌○○の者なんですが、店長さんはいますでしょうか?」

オレ「あ~僕ですが」

カメラ「写真撮らせてもらっていいですか?」

オレ「絶対、嫌です」

カメ「何でですか?」

オレ「県内の雑誌は全部断ってるし、見てません」

カメ「え~マジですか~そこを何とか」

オレ「全国誌なら喜んで出るけど、

そもそもその雑誌は苦手だし、たま~に見るとスナップなんて…………だし、絶 対 嫌 で す」

ここで言い訳の言い訳。

県内の雑誌にお店が出るのは良いのですが、自分は絶対出ません。

そりゃあ1ページをぶち抜きで一人だけ紹介されるのは宣伝のために出たけど、その雑誌は一番県内の大手の雑誌(ウララ)だったし、何より一人なので比べられる所がなかったから、素直に出ました。

その時のリアクションって言ったら本当異常。

何か色々と言ってない事を継ぎ足されて、

自分の納得できる仕上がりではなかったので落胆したのを覚えてます。

だから県内雑誌のスナップなんて本当嫌。

職場が一応街ですし、歩いてたり外でたまってたら「撮っていいですか?」って言われる事もしばしばありました。

が、返答はもちろん「絶対嫌です無理です」

そこまで言ってるオレが出た訳です。

前置きが長くなっちゃいましたが、その言い訳です。

カメラの人「実は僕、石川から来たんですよ」

オレ「は~遠い所ご苦労様です」

カメラ「石川の友人にここを紹介されて来たんですよ。何でもこーこーこいう人がいるって」

オレ「え~誰ですか?」

カメ「いや、仲のよい子の彼女と友達なので彼氏の名前は分かりません」

オレ「…それって、誰かの紹介=その子がわざわざ=誰か分からない=断れないって事じゃないですか

カ「…だから出てくれません?」

オレ「その言い方は断れないでしょ?え゛~~~~嫌だ」

カ「ちょっとだけ、横顔だけでもいいんで」

強引っていうか、断りにくいのを知ってか、攻め立てるカメラの人。

オレ「……………はぁぁぁ~分かりました」

条件は、

・立ってる写真は嫌

・どうせなんでデカク載せる

・周りに男を配置すんな

・ヘタしたら電話する

以上4点。

アンケートは全部書かなかったのですが、

「今日のポイントは?」の所が勝手に書き足されてありましたw

「よく行くお店は?」もちろんボンタ
です。自分とこ
とは書きません。

で、出ることになった訳です。

ちなみに紹介してくれたのは金沢のKANEMARUくんカップル。

あまりにも嫌そうな対応してたのを聞いて、慌てて電話くれました。

2人からね。わざわざゴメンよ。

「本当嫌だったら編集に言って止めますよ?」って言われたけど、「せっかくなんで良いよ~」って出ることにしました。

こうやって筋通してくれれば気持ちいいしね。

いざ雑誌が出来上がって、「何だよ、もっと大きく掲載できる所あるじゃん」と思う前に、

電話で、「座ってる写真は1/2スペースには使えないみたいで…」って言われてたのでしょうーがない。

(わがままですいません)

そんな訳です。

長々と言い訳に付き合ってもらってありがとうございました。

全国誌には喜んで出るけど、県内誌には出たくない。

なんだこのちっぽけなプライド。って分かってるのですが、

もう2度と県内のには出ません。

緊急事態の時は誰か変わりを用意します。

って事で、見たら笑ってやって下さい。

そんな月曜の夜は、

電気屋さんへGO。

でGETしてきました。メッチャいいですよ。これ

詳しくは後日。感謝の言葉が見つかりません。

そして休日の昨日は、

起きてからあれやこれやと行動して、

夕方帰宅して、家にいました。家にいたい気分だったので、、、

掃除して、わんこと遊んで、あれこれ考え事して、、、と言ったいつ振りだろう?ってゆっくりの休日の後半。

色々と家の事しました。

でも今日は寝不足。

う゛~時間がないな~。

6月ですので仕方がないですが、、、毎年恒例です。更新。。。

blog
スポンサーリンク
シェアする
鉄は熱いうちに打て!

コメント