机を運んできた三つの力。

先日、「机、運送」のミッションをこなすべく東京へ向かった三人

YAMADAに写真を撮ってきてもらったので、それと話を元に、ザクッと書いてみようと思います。


10:00

向かった三人は、オレが手配してあったレンタカーに乗り込み、出発。

24時間で帰ってこなきゃいけません。


浜名湖を越え。渋滞を越え。9時間かけて到着したここ。

19:30


シースウェイ。


待っていてくれたKARUBEくんとTADANOくん。


さあ荷詰め開始。

20:30


頭使って完了。(正直、全部乗るかが結構心配でした)


お疲れ様でした。(ありがとうございました)

素敵な思い出が出来たそうです。

KARUBEくん、TADANOくん、本当にありがとうございました。色々と。

そして彼らは、

22:00


山頭火で大盛り塩ラーメン食べて。

23:00


「最終目的地」とか訳の分からない事を言ってお台場の夜景を見て。

そりゃ女の子と見てるYAMADAは幸せですが、UENOいわく「僕、いらなくないですか?」

23:30

東京を出発。


夜中は空いてるであろう道のりです。荷物がいっぱいなので遅いですが。

そして、往復を全部運転しきったYAMADA。(理由はおそらく、良い所見せるため)

どこから力が湧いてくるのか。これが若さってやつですかね。

翌日7:00

到着。


居酒屋ぼんた
の事務所に設置する机と椅子たちが到着しました。

オレが行った時にはすでに荷降ろしも完了してて、顔だけ見に行った感じでした。

皆、本当にお疲れ様。

無事で本当に良かった。

さすがに疲れ果ててた顔をしてた三人の写真はあえて撮ってません。

全員のコメント。

YAMADA「めっちゃ楽しかった」

女の子「お台場の夜景綺麗でした。あとはず~っと寝てました」

UENO「…助手席で寝てるだけの一日でした…」

なんだかんだ言っても、行った甲斐はすごくあったみたいだし、良かった良かった。

めでたしめでたし。

と書き終えたい所ですが、


ここからはオレ自信のミッション。

疲れ果ててる三人に手伝わせるのはあまりにも申し訳なかったので、

1人で作業です。

(本当は机降ろすの手伝うために参上してそのまま家まで運んでもらおうと思ったのに、もうすでに荷降ろしが終わってて、ガソリン入れに行ってて、女の子もいたから、疲れてるのを察して、空気読んで、悪くて一人でやる事にしたのは内緒)

内容は、

机の一つを家に設置。


1人でなんとかやってやるぜ!って開始。

まずですね。

車に積むわけですよ。自分の。

で、余裕で入るでしょ。って思って積み込もうとしたら、、、

全然はいんねー。

大きさを完全に見誤ってました。

くそう。

ドアなんて開けっ放し。

開けっ放しで、ピストのチューブを机の足に引っ掛けてなんとか落ちないようにして、

クリープで家まで。

無事、到着。

そして降ろす。

力をマックスで使って汗だくの午前8時。

そして、家の玄関に到着。

そして愕然とする。入り口よりも机がデカイ。

これはまずい。

本気でまずい。

1人なのがまた一段と不安感を煽り、、、考えること10分。

足りない長さは5センチ。

「よし。部分で分解を試みよう」

と木の部分と鉄の部分を分解分解。

そして木の部分を突入。

そして鉄の部分を空間を使ってうまく潜入。

ガリガリと家の壁が削れる音が素敵に出てるけど気にしない。

余裕がないので写真取ってる暇もなく、

重さで心が折れそーになりつつも、2階まで全て運んで、前の机を取り除き、組み立てること1時間30分。

仕事前になんとか完成。

横でワンコがワンワンと叫びまくってるのを無視して、黙々となんとか完成。

時計は10時30分。

シャワー浴びて仕事に行きましたが、到着から眠たいのなんの。

完成したパソコンコーナーを見ると嬉しいですが。


こーなりました。

これは3人にも言ってないので、このブログで知ってくれればと思います。

まじでありがとね。

そんな昨日は、

眠たいえお連呼しながらの仕事中で。

仕事の後は、皆がチームに分かれて飲みに行ってますが、

オレは大人しくいつもの感じで飲みに行きました。

疲れのせいか、久しぶりに飲みながら寝ましたがw

兎に角、長い一日でした。

昨日の事は後から皆に聞くとします。

気分的には今日までがお盆なのですが、

昨日の土曜に続いて、今日の日曜も街の死にっぷりはナイスです。

は~憂鬱。

でも頑張ります。

長くなりましたが、読んでくれてありがとうございます。

正直ここまで長くなると思いませんでした。更新。。。

Related posts

コメント