ら抜き言葉。

最近、衝撃的だったこと。

それは「ら抜き言葉」。

受け「ら」れる。

今日もどうでもいい話です、すみません。

 

 

言葉が好きで、文章は苦手な自分。

 

このブログも、読み直しをほとんどしないので、

(いや、しろよ!ですよね…できてなくてすみません)

 

誤字脱字が多いこのブログ。

まあ、それもいつも通りとすればいいかと思っています。

まあ固いことは抜きにしてゆるく読んでほしいっす。

 

 

っと言い訳はこの辺にして、

衝撃だったこれ。

日本語研究。

言葉の話です。

 

室町時代の可動動詞が成立したのと、

現代の「ら抜き言葉(食べられる→食べれる)」は、

同じことが起きてる、って話。

 

ここで驚いたのは、

「ら」を抜いてるのではなかったって事。

抜いていたのは「AR」。

共通して。

日本人の発音が苦手な部分の話になるかもしれません。

 

海外だと舌を使うところ、なんですかね。

 

ですので、

ら抜きではなくAR抜き言葉。

 

こういう話おもしろいですよねー。

伝わればいい、って言葉の大前提に、

正しさが時代で変わってる。

 

敬語とかではなく、

普段の言葉ってのが難しい話ですな。

 

基本ら抜きで、あ違う、

AR抜きで話しますよねw

 

まんじ、みたいなJK語みたいに、

ある種、言語は隠語みたいな楽しみ方もあり。

 

時と場合で変化できればいい話ですので、

正しさ、いや歴史を知るってのが大事なのかもしれません。

 

了解です、承知しました、など使いたくないのですが、

承りました、かしこまりました、ではちょっと固い。

 

特に、

了解しました、は絶対使わない言葉としてます。

これが書いてある文章、本はソッと閉じます。

 

これは勝手に自分は当たり前としてますが、

「承知しました」にいつも違和感を覚える。

 

ビジネスマナーを見てると、

承知しました、承知いたしました、はオッケーらしい(現代では)。

 

何が違うのか。と考えると、

「了解」って言葉は確かに使います。

もともと無線で短く伝えるための言葉。

 

ってのが分かるから嫌なのかな…

 

 

「承知」って言葉は10月末に忍者、侍のコスプレの時しか使わない。

って普段使う使わないもあるのか。

した。しました。致しました。

の言葉は承知には感覚が合うのに、了解はやっぱり嫌。

 

承知は昔から日常的に使用。

了解は短縮した言葉、だから変になるでいいのかな…

(ちなみに戦隊ものも無線ごっこが広まった理由だとか)

 

 

なんでだろ、って考えだすと止まらない。

うーむ。

ま、自分が恥かくわけではないので、

どっちでもいいのですが、知っといて損はないかなと。

 

まだマナーだから、くらいでは「承知」にしっくりきませんが、

これ以上、突き詰めるとマナー講座の人の苦情となるので止めます。

 

なんで「世話になってもないのに、お世話になっておりますなの?」、

みたいな話になってしまう。

社会に出てるから社会を知る。

 

信号守るようなもんですね。

事故りたければ無視すればいい。

ただそれは痛く、辛く、周りが悲しむ、ってだけのことで。

 

基本、人は自由です。

人にどう思われても良いという人もいます。

でもね、家族、友人は悲しく情けない思いをするんです。

 

都合のいい時だけ主体性を持つ人は苦手です。

何かのためといいながら、何かのせいにする。

都合のいいことばっかりいってんじゃないよ。

 

 

 

あ、やべ、脱線しそう。

戻します。

 

全部かしこまりました、うけたまわりました、でいーじゃん。

って思われるかもしれませんが、そればっかりじゃ違う。って時が多い。

遠すぎるというか、固けりゃいいってもんじゃない。

 

そんな大げさな段階にいる訳じゃないし、

そこの距離感を見誤ったかっこ悪さって目も当てられない。

 

少しライトな感じにしたい時って、

年齢重ねると多いんですよね。

知ってて使い分ける大切さ。

 

何をもってオッケーかと聞かれれば、

民主主義っぽく大体の話になるのでしょう。

 

理解したのが「承知しました」。

命じられたことには「承りました」。

この使い分けがいつもスムーズじゃないんです。

 

了承しました、ってのも変だし、

それなら承りました、だよねーとか、

誰に話しても微妙な空気になる話。

 

いつも、もんもんとしてる、って内容です。

こんな話ですみません。

 

この手は書き出したら本当に止まらなくなります。

あと、基本的に人に指摘をしない内容です。

 

ですが、(思い込みですが)大抵の人は、

こういう言葉の使い方で、

人間性というかその人自身を感じたりしてると思います。

 

それは知らず知らずだと考えてます。

~っすねー、とか、~っしょー、とか。

 

砕けた言葉を使いながら、

ちゃんとしたところでは、

ちゃんと尊敬語、謙譲語、丁寧語を使い分ける。

 

そういうのって大事だと勝手に思ってます。

ですのでSNSとかで違和感を感じまくったりしますので、

あんまり見なくなったのはこういうのも理由だったりします。

 

あ、誰かに何かを思う、ってのが理由ではありません。

いちいち面倒な事を考える自分が嫌になるからです。

 

言葉の間違えって、自分もよくあるのですが、

指摘されないと一生直りませんからねw

 

エキシビジョンとか言ってた自分が恥ずかしいw

(正しくはエキシビ「シ」ョン、

エキ「ジ」ビションとも読むそうです)

 

って顔から火が出そうになって、

一つ一つを考えたりするわけです。

 

失敗から学ぶことって多いですよねw

いつも自分の拙い文章を読んでいただいて、

本当にありがとうございます。

 

10年以上毎日書いてても上手になりません。

最初は指摘もありましたが、

年齢と経過とともに指摘もなくなるもので。

 

文字の書き間違いの指摘。

バンバンお待ちしております!

 

これからも宜しくお願い致します。

 

 

こんな話ですみません。

長々と失礼しました。

 

 

 

 

 

そんな一昨日。

11/11(土)。

去年から11月の世間の流れに明らかに違和感。

一年間で流れが一番大きく変わったのは、

11月だと勝手に思っています。

なんでしょう、色々な隙間の扱いと言いますか。

 

ハロウィンの影響かなーとか、

10月は盛り上がる理由があって、

12月も色々と外出る用事もあるよね。

 

それの間。

今月位は~みたいな意味が分からない空気があるような。

ないような。

 

2年前までは一切感じなかった。

都会ではあったのかな。

それがいつも2年遅れてやってくるやーつかな。

 

とか。

ろくなこと考えませんw

まー言ってるだけでどうしようもないのですが。

ここをどうこうしようってのはなかなかね。

 

これもSNSとかで皆が大人しいから、

とかそんな理由なのか、

蟹とかに目線が行くのかは分かりません。

 

ただ、何かしら理由は必ずある。

良くなることに理由はないこともある。

悪くなることに理由は必ずある。

 

勝手な持論ですが、

いつもそう決めつけてまずは考えることにしています。

意外な事があったりするので、

いつもちゃんと正面から向き合うのが好きなのかもしれません。

 

ってそんな心意気の土曜日。

入荷はwhizからジャケットが。

周りのモコモコファンの皆が、

気になってチェックしに来てくれました。

評判良くてよかったっす。

 

ってあーだこーだ話し込んでて、

一日あっという間でした。

 

静かな時間に店内の陳列を全部変更。

目と足が痛くなりましたが、

今回の変更テーマは「見やすさ」。

 

より見やすくなったと思います。

 

定期的にガツッと変えたくなるので、

今回も一人で満足してますw

 

目が回りました。

 

よく話した土曜日も終了。

 

あれです、

準備とかで土曜まではバタバタしてるくせに、

当日静かだと時間できちゃうってやつですw

なのでゆっくり話せたりしちゃいますw

何が良いということなのか。

これはこれでまあいいか。

 

 

んでまっすぐ帰宅。

 

グラタン。

全米は泣きませんでした。

ご飯をおかずにご飯を食べれる自分も、

なかなか落としどころがないな、って思いながら。

 

バクバク食べてお腹いっぱい。

 

んで何かドラマ見たいと思いながら、

やってた相棒で初めて今の相棒を見た。

見ながらすぐにサヴァン症候群を言い当てて嬉しかった。

 

一体何で覚えたのか…

自分で不思議。

 

使うところがないと思ったことでも、

どこかに使い道はあるもんです。

 

 

んで、

2話目から見たこれ。

テンポが他と違いますね。

CM入れるタイミングとか。

 

初回見てないのでなんのこっちゃでしたが、

オシャレを感じるドラマでした。

とっても気にしてそう。

 

 

とかまたブツブツ言いながら、

あっという間の土曜日でしたとさ。

夜更かしからの遅起き。

 

 

そんなこんなで。

それではこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今日は月曜日。

頑張ります。更新。。。

Related posts

コメント