一心一意。

先日、2021/3/2(火)。

この日、大きな決断の日でした。

妻と共に闘病し490日目の事。

投薬を休んでみるか?

というこの数か月の悩み。

さんざん繰り返した話し合い。

 

デシジョンのために合議を繰り返しました。

主治医は世界の情報を鑑みる思考タイプ。

証明を元に進言をしてくれます。

 

そして自分は異常にネガティブシミュレーション。

(ポジティブシンキングのくせに)

そして「これが正しいはずだ」って押し付けてしまうタイプです。

 

数か月悩んだことを主治医に伝え、

言いたいことも全部伝えました。

半泣きで。

 

その時に先生から言われた。

 

「本人がしたいようにする、

それをサポートする、

それが大切な事です」と伝えられて、

 

「そうですね、その通りです」

ハッとしました。

 

この時に一気に振り返る様々な事。

自分はむちゃむちゃ順番に話すめんどくさい中年。

相当めんどくさいと自分で思ってます。

 

なのでいつも正しいを論理的に伝えることに必死でした。

でも、

でもですよ。

 

そこは「場合による」というの正しい、という事を理解しました。

よく分からない持論を押し付けてる人を見て、

ああ、こうなるとしんどそうだな、って感じることが多々あります。

 

が、真面目になるとそういうところが自分には強くあります。

真剣なので考えつくした事なので退けない意地かもしれません。

これは自分には大きな反省点となりました。

 

これからは状況で考え方を一度しっかりと飲み込み、

決めるのは誰なのかWhoを大切にします。

正しさは人それぞれ。

 

その人を理解して初めて伝えれることがある。

探らない、察しない、評価しない、助言しない。

 

人それぞれ、だから良い。

決めることというのは51と49の2つの面がある。

少しでも52に53にできるように自分はサポートするだけです。

 

妻からは学ぶことや得ることばかり。

家族からは優しさと厳しさを教えてもらえます。

その腹がこの日決まりました。

 

投薬をお休みすることにしました。

新しいミッションが生まれました。

「次は社会へ」。

 

短い言葉ですが、

ハードルは沢山あります。

あるだけ乗り越えればいい、時にくぐってもいい。

 

その環境や心の柔らかさ、

そして楽しむという大前提を今一度胸に刻んで。

この3月、次の闘いの始まりです。

 

文字で長くてすみません。

 

このしばらく色々ありましたが、

この日の判断、決断に心をかなり置いていました。

迎えれて決めれた先にはある信じる事。

 

くどいですが、祈り願う事しか出来ない無力な自分。

だからこそ日々を一所懸命を一生懸命に。

頑張ります。

 

いつもご心配してくれる応援みなさん、

そして応援してくれる方々、

心から感謝します。

 

 

この日も病院は混んでましたが、

先進医療センターはすいてました。

月に一度の検査が二か月になった、

ということは喜ぶべきこと。

 

ただ自分のネガティブシミュレーションが邪魔をする。

そのために、

自分が出来る事は願う事、祈る事、守る事。

 

呪文のように一日頭に刻んでいました。

恒例のそば屋さん。

行くときもリズムを変えたくない。

お店もそうです。

 

良い流れを変えたくない。

という一心です。

人からすれば意味が無いこと意味を持たせる自分。

 

なんで?って聞かれることもあります。

答えは、出来る事がこれしかないので、

自分を強くするためです。

 

って答えになってるのかなってないのか。

それも真実。

 

検査の日は運転して、

良い結果の時はそばを食べる。

これが(勝手に)自分のルーティーンです。

 

んで息子と遊ぶ夕方。

この日は焼き鳥屋さんに。

挑戦。

オイルを刷毛で塗ったり、

香辛料をつけたり。

とっても楽しそうでした。

アウトドア派ではない我が家は、

こういうのは珍しい試み。

 

でも楽しかったです。

重ねてMAMORU、ありがとね。

 

そんな焼き鳥でお腹いっぱい。

 

お風呂入って寝かしつけ。

起きようと思ったら、

全然起きれずにたっぷり寝てしまった火曜日の夜でしたとさ。

 

 

そんなこんなで。

それではこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今日は月曜日。

今日の月曜と明日火曜は不在です。

来る予定だった方はいなくて本当すみません。

お店はやってますので、

どうぞお気軽にです。

 

ちょっと外出です。

行ってきます。更新。。。

Related posts

コメント