続・祭りの後。

朝から飛び込んできた訃報に驚きしました。

追悼の意を表します。

同世代の出来事に動揺しています。

 

 

 

おはようございます。

ワタワタしてる日々は今日も継続中。

11月も今日と明日の2日間。

先日の超ペイペイ祭りも終了しました。

 

「使い切れるわけがない」のスタートですので、

ちゃんとやってみようと、と行動してみた結果、

会社全体の予算の半分以上を使い切れました。

 

これがまたすごいと思うのは、

社内全体でも全部使い切ってるので、

状況がどれだけ想定外の盛り上がりなのかよく分かります。

 

という、またニュースがウイルスの事で騒ぎ出した。

確かに久しぶりに感じるVIC(Variants of Concern)。

5つめ。

 

ミュー株の時には騒がずで今回はこの騒ぎ。

 

自分はニューとクサイを飛ばしたことの方が気になる。

発音と人名の理由から、と理解して、

なるほど「習」のxiね。

 

という情報がなさすぎる恐れることが先行してる状況は、

黙ってる見守るしかありません。

またちょっと情報が揃ってきましたらまとめようと思います。

 

恐れるために恐れてるような。

この2年を経たからこその行動は方向性がある訳で。

 

南アフリカのジョー・ファハラ保健相は「不当」だと述べ、

「渡航禁止などの措置を取った一部の国の反応は、世界保健機関が示す規範と基準に完全に反している」と。

南アフリカ医師会のアンジェリーク・クッツェー会長も渡航制限は時期尚早だと語った。

「現時点では、コップの中の嵐に過ぎない」と。

 

繰り返さないために努力を。

その努力をより正しい形に。

繰り返しますがデータが少なすぎて恐れ方すら見えてない。

 

ワクチンは効果的?

感染力が強いってどのくらい?

 

 

今までと何がどう違う、ってちゃんと具体で示して報道してほしい、

と自分みたいなのはただただそう考えるだけです。

いまのところ全部が可能性がある、という文脈。

 

隕石が降ってきたり天災の話になっていかなければいいなと。

2年経っても今日も同じ言葉を。

「正しく恐れましょう」。

 

 

 

ふく割が予定数に達したものがあり、

使えるのが減っちゃいました。

これは始まってから初めてのケース。

いまはこの二つのみですね。

どうぞよろしければご利用くださいね。

 

下手すりゃ12月が無い…はいきなりでさすがにないと思っていますが、

全然分かりませんねw

とは言え、プラスしかない話は正面から感謝を。

 

このままずっと続いてほしいです。

という月並みな話ですみません。

 

 

なんか書いてて方向を見失った月曜日。

今日は11/29で良い服の日という事で、

結局、服の話にしてみたいと思います。

 

七五三の話のつもりでしたが予定変更。

 

 

ってことで今日はRATSの新作のご紹介。

真冬のアイテム、ダウンジャケットが登場です。

 

シルエットの大きさも手伝ってさらに存在感を増す独自の柄

“バブルジャケット”というスラングが示す通り、起伏のある畝と膨らみはダウンジャケットの大きな特徴のひとつ。とは言え、そのルックスによってアウトドアギアの側面が強調されがちなのもまた事実。RATSでは、ダウンジャケットらしいボリューム感は保ちつつ、畝の露出しない構造で都会的に着られる1着を目指した。生産を国産ダウンメーカーの雄、河田フェザーに依頼した1着は、750フィルパワーのホワイトダックダウンを用いた本格派。オリジナルのコットンシェルはマットな質感でそこにオリジナルのネイティブパターンを大胆にあしらったデザイン。もちろん保温性の高さは格別で、前述の構造によって羽毛が飛び出しにくく、裾にはキーチェーンなどが着けられるDカンを備えるなど、機能面も盤石だ。

NATIVE DOWN JKT」。

こんな注目のダウンジャケット。

ネイティブ柄です。

パーツはすべてオリジナル。

ジップとボタン。

ネーム。

パーツ。

んでバック。

 

 

 

寒波から体を保護するフリース製バラクラバ

RATSでは初のリリースとなるバラクラバ。表面がブロックフリースで、肌に触れる内側はマイクロフリースになった2重構造。おなじみのフレーズやロゴを刺繍やシリコンパッチで配している。日常の移動からスポーツシーンまで、冬場の防寒の要として、活躍してくれるはず。

BALACLAVA」。

マスク。

マーク。

ネーム。

後ろ。

 

 

 

どんなウェアにも自然に馴染む落ち着いたブラックフリース素材

表面がブロックフリースで、肌に触れる内側はマイクロフリースになった2重構造のネックウォーマー。上側にドロコードを配しているので、首に溜めても鼻まで覆っても無理なくフィットする。

NECK WARMER」。

ネックウォーマー。

冬のお供。

ラバー。

後ろでしぼれます。

いつも結局人気のアイテム。

どうぞ合わせてお楽しみくださいね。

 

 

 

そんな感じでざっくりですみません。

 

今日も朝から皆が来てくれて、

更新が遅くなってしまいましてすみません。

有難い話ですが、ちょっと筆が遅いです…ペース戻していかないと。

 

 

そんなこんなで。

それではこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今日は月曜日。

頑張ります。更新。。。

Related posts

コメント