NANGAとコラボの別注日本産ダウン。

おはようございます。

毎日寒いですね、冬ですよ冬。

ってこんな感じで普通なスタートはいつぶりでしょうか。

ちょっと気持ちも切り替えたいところですが、

今日もぶっちぎってお休み無し。

今週はこのまま行きます。

 

あんだけ詰め込んだ後で、

ガラにもなく疲労感があったりしますが、

多分気のせい。

 

タフって言葉はあくまでの比較対象があってこと。

なので全部気のせいw

今日も絶好調です。

 

ってことで今日もお話の日なので駅の方に行ってきます。

 

んでそこからは倉庫の引っ越し。

一年分の負荷を詰め込まれてるように感じますが、

それも気のせいです。

 

ハイテンションで今日も楽しみましょう。

 

さてさて寒いので、

今年もダウンの季節が来ました。

ナンガとBACKCHANNELのコラボ。

さらにパワーアップして登場です。

安定のクオリティで。

「Back Channel × NANGA の別注日本産ダウンジャケット」
□ 10年以上にわたり展開している国内屈指のダウンメーカー【NANGA】とのコラボレーションシリーズ。
□ 優れた防水性と透湿性を備えるNANGAオリジナル高機能素材「オーロラテックス」を採用。
□ 中綿は国内洗浄したホワイトダックダウン80-20%(650FP)を使用。
□ 表面をフラットにし、ダウンジャケット特有のキルトを裏面にする事で、防水性と保温性を高めた仕様。
□ 左胸に【OUTDOORロゴ】を刺繍。
□ バックに【BATロゴ】を刺繍。
□ 左袖口と裏地に【NANGA】のネームタグを配置。
□ フロントファスナー部分は、隙間からの冷気を遮断する中綿入りの比翼仕立て。
□ 深めに設定した大容量のファスナー付きハンドウォーマーポケット。
□ フードと裾口にはシルエットの調整が可能なドローコードを配備。
□ 袖口にサイズ調整が可能なベルクロタブ。
□ 前身頃に内ポケット2つを配置。
□ MADE IN JAPAN

NANGA HOODED DOWN JACKET」。

グレーCAMO。

胸には刺繍。

袖にはNANGA。

バック。

コウモリも刺繍。

ジップとテープ。

中はこんな感じで。

ポケット。

ボタン。

裏にもネーム。

カモフラージュ。

毎年冬の万能です。

 

 

オリーブドラブ。

ホワイトで刺繍。

こんな切り替え。

間違いないですね。

裏はブラック。

ジップはロングで。

コードも便利です。

NANGA。

O.D。

 

 

全部がブラックでまとまっています。

刺繍が嬉しい。

ナンガ。

バックね。

刺繍。

裏地。

フロント。

ポケット。

ウエスト。

ナンガ。

ブラック。

1枚で極寒ももう大丈夫。

そんなダウンは是非お試しくださいね。

 

まずは着てみなきゃ、

ってことでお時間がある方は、

お気軽に遊びに来ちゃってくださいね。

 

 

 

そして一緒に合わせてほしい、

こんなニットキャップ。

「定番ロゴのフィッシャーマンビーニー」
“□ 浅い被り心地のアクリルボディを採用。 ”
□ サイドにネームタグを配置。

FISHERMAN BEANIE」。

お手頃で使いやすい3色。

コヨーテ。

 

ネイビー。

ブラック。

そんな新作ラインナップ。

どぞどぞチェックしてみちゃってくださいね。

 

 

 

 

 

そんな先日。

11/30(木)。

 

この日も朝からお話しの日、で、

駅前へ。

到着。

真面目に話して。

年末はお店も盛り上がっています。

 

途中あき時間があったので散策してると、

偶然HI-ちゃんがいたので、

珈琲。

あーだこーだと話して。

 

とにかく毎日喋りっぱなし。

お腹がすきすぎて、

炒めうどん定食を食べに。

 

んで夕方に戻ると、

この日で卒業のMASATOさんが遊びに。

ここからもあーだこーだ話して激励。

りんごをもらう、あざっす。

 

んでさらに皆が遊びに来て、

結局話しに話す。

そして気がつけば遅い時間でした。

 

届きました。

やべー。

疲れも吹き飛ぶ。

 

連日真夜中まであれこれして少し寝る。

を繰り返していますが吹き飛ぶ。

 

そんな11月の最終日でした。

今月で一気に変わる変える。

なんとか形にできた11月。

 

一生忘れません。

 

そんなこんなで。

それではこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今日は火曜日。

頑張ります。更新。。。

blog
スポンサーリンク
シェアする
鉄は熱いうちに打て!

コメント