同じ穴の狢。

思えば何でもかんでも、なんでだろう、

って考えるようになったのはいつだったのかな。

多分、高校の時の部活(バドミントン)の顧問が、

考えないから考えようとしない、

考えない人間は試合に勝てない。

ラリーの組み立てや相手の癖を見なきゃ、みたいなスポーツなんですよあれ。

そしてどういう人間かを図るために好きなものを当てたりしてた高校時代。

普段、どういう風な行動をしてるのかを見て考える訓練をさせられた期間だったんだと今は思いますw

もう15年以上も前の話ですが、ふと思った次第です。

で、また色々と疑問に思って最近、言葉についていっぱい考えるのですが、

野菜、米、魚の事ばっかり調べてて、

また言葉に興味を持ちました。

部活の顧問の話の流れで、いまだに強く覚えてるのが、

「馬鹿は風邪を引かない」って言葉からの顧問の怒り。

部活顧問は「そんなわけあるかよー馬鹿が風邪ひくんだよー(激ギレ)」って、

風邪で部活休もうものならもうそりゃ鬼神降臨。

「体調管理ができねーやつが試合に勝てるかよ」、

「馬鹿だから負けるんだよ」、

「理解できないなら帰れ(帰ろうものなら瞬獄殺)」。

とまあ、15歳にひどいことを教えるもんですw

一応当時は全国トップレベルの部だったので色々と聞くしかなく。

部活に行きたくなくて胃潰瘍にもなった思い出も今では輝いてます。学ぶことが多かった。

是非、お子さんには部活動をさせましょう!

って事が言いたいわけではないのですが、

一流のとこには一流が集まるってのを痛感したって話。

そんな顧問は、

わざわざ国体強化教員として筑波大学から派遣されてきただけあってクレバーなおじさんでした。

馬鹿の風邪の話に戻して、

実際の意味は「風邪をひいても気が付かない鈍感さ」、

冬にひいた風邪を夏になってやっと気が付く、って事を言うのですが。

この前、

何かで言ってた言葉が自分には重たかった。

「勉強のできる人間は風邪をひかない。理由は二つ。

1.体調管理が出来ている。

2.風邪をひく人間と行動を共にしていない。」

1.は知ってたけど、

2.は耳が痛いが一理ある。

誰も風邪をひかなかったらウイルスもない訳でひかない。

そういう人はそういう人といる。

って大人になると篩いにかけられてるかどうか、の話になる訳で。

体の強い弱いあるけれど、

強い人は杜撰、弱い人は緻密、

と理解して管理をしているかどうかだと思うんです。

強くなる努力をするとかも必要かもです。

現に自分は夏に家でエアコンを使わなくすることで、

5年以上は風邪をひいてません。たぶん(気が付いてないだけかも)。

最初はもちろん辛いのですが人間なんでも慣れるもの。

やらないのは努力してないだけで努力無きとこに成果なんてありません。

環境による理由が大きく占めるので、

整いすぎてる環境からはどうしても強くはならない。

でもそういう流れにした方がクスリも売れるし病院も笑う。

とか、なんでだろうの流れから、

いっぱい話があふれ出てくる、って話です。

体にリーチがかかってる皆に言われる自分口癖の、

「体調管理も仕事です」の根本の話でしたw

ああ、長い。

長い話ついでに馬鹿って言葉で掘っていくと、

「馬鹿につける薬はない」って言葉の残酷さに気が付きました。

これって諦めなんですよね、もー修正止めました、的な。

大人になってもっと思うのは、

ここ数年なんですが、傾向として見られるのが誰かの間違ってるとかを修正しないんですよね。

わざと。

で、間違ってるのを直さず、それでさらに馬鹿にされてるのを傍観してる。

まさに無関心。

ここまで来ると無関心では済まされない。

ああ、なんという事でしょう。

若い時の笑いとかになるものでもなく、憎しみ寄りの無関心とでもいいましょうか。

得てして陰で人の事ばっかり言ってる人に多いのですが、

自業自得と言えど何だか悲しい話だなと思います。

知恵とかってこういう風に使うものではないと思いますが、

結局同じ穴の狢なんですよね。人って。

これはいつも言う、

「相手に言える事だけ外で言え、言えないのなら誰にも言うな」。

に繋がる訳です。

大人になって理解力が増えるならまだしも、

狭くなっていってるのは如何なものかと。

根本の考える、って事から考えなきゃ。

変えるんじゃなくて、考える。

育てるんじゃなく、考えるように方向を正す。

って事で今度は根本についてより深く掘っていこうと思います。

どーでもいい話ですみません。

最近何か適当じゃないっすか?って言われたので、

いつぶりかにこんなテンションで書いてみましたw

思えば昔、何年も前から一貫してこんな事言ってますが、

いつどのタイミングで言い出したのか、ってのもちゃんと紐づけしといて悪いことでないかなと。

自分は学がないので、

学がない事を重々理解して、

だからこそ何が出来て何が必要かを考えていきたいと思います。

人にとっての精神的な問題の根本は大概が勘違いによるもの。

自分が何が好きで何をしたいか、これに素直に生きてるのが、

人の正義であり善でしょう。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

考えることが楽しいと感じることが出来た若い時に感謝です。

だから一つ一つに小難しい中年になってるのですがねw

物事に深く意味を求めすぎなのかもしれませんが、

もう20年以上こんなのですのでまあいいか、と思ってますw

長くてすみません。

今日はアクセスの話でも書こうと思ったのですが、

最近の解析の見方が好きじゃないので、

どーも最近滞ってました。

それは明日にでも。

バドミントンの話で、

県内に山口茜選手っていうのすげー選手がいるんですが、

日本一なんですよ。

16歳で。最年少。

超高校級で済まされない県内のスーパースターだと思ってます。

東京五輪で金でしょ。金w

ってのも夢じゃない、バドミントンって競技の日本の躍進はここ数年凄いですよね。

結果考えて作り上げた技術はやっぱ日本ってすごいんですな。

もっと色々と学ばなければなと思います。

そんなこんなで。

雪がひどくて、

道もカッチカチ。

こんなにも(雪のせいで)ゆったりな感じも久しぶりですので、

何か色々と進めていこうと思います。

週末は晴れるみたいですね。

盛り上がってまいりましょう。

久しぶりに書き出したらついつい長いパターンや。

結を決めずに書き出すといつもこんな感じでダメだなと。

それではこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今日は木曜日。

頑張ります。更新。。。

Related posts

コメント