2020年振り返り~前編~。

おはようございます。

今日は一年の振り返りを少し。

前半の1月から6月までの半年間です。

 

この半年は「闘い」というテーマでした。

それは妻の病気と、そしてウイルスと、

弱くなりそうな自分との闘いでした。

テーマソングはバックナンバーの瞬き。

心が弱い時に聞いて、

何度、泣きながら立ち上がった事か。

 

この歌は自分が誰かに今の自分を伝えるときに、

とても刺さる、そんな内容だと思っています。

わが身だけを考えなくなった後の世界。

 

それを意識してもう10年ほど経ちますが、

病との闘いは自分をさらに強く、そして優しくしてくれました。

もう1年前とは思考はすっかり別の人格ですが…

 

変われば変わるもの。

良い方向にいったかどうかは定かではないのですが、

ただただ異常に強くなりました。ときに脆くもなりましたw

 

薄ければ、張り詰めれば、それは割れやすいもの。

 

という世間からすれば、

世界が変わってしまった中での、

自分の闘いのこと。

 

「そんなこと言ってる場合じゃねーだろ」、

とか思われるかもしれませんが、

同じく命かけてやってる服屋さん、のうちは、

 

12月まで過去で一番賑やかだったという結果です。

特に去年が良くできすぎてた一年(一期)だったのですが、

それを上回る事なんて想像もしてませんでした。

 

(とはいえ110%とかですので)

大それた話ではありませんが、

自分で思いっきり驚いています。

 

本当に沢山の方がお店に来てくれて助けてくれました、

救ってくれました。

そして思いっきり楽しんでもらえました。

 

これは同じ業種とは全く違う動きで、

やばいやばいの話が多いのに、「いや、うち全然良いんですけど…」、

とも自分は言えませんでした。

 

合わせて話すときがありまして本当に申し訳ございません。

 

じゃあなぜわざわざお伝えするのか?と言いますと、

この一年、自分を助けてくれた皆さんに最高の結果を伝え、

心から腹の底から感謝を伝えたいと思ったからです。

 

支えてくれた皆様、

本当にありがとうございます。

頭上がりません。一生忘れません。

 

こんなにすごい新世界でも、新時代が来ても、

毎日すんごい沢山の方が遊びに来てくれて、

いっぱいのお問い合わせをいただいております。

 

心から感謝を。何度でも何度でも。

 

 

 

1月。

2020に20周年の年。

 

妻の治療が本格的に開始したこの1月。

先進医療で知識があれと怖くなる線量。

 

それを入院から通院に変わり、

毎日病院に行き、治療してた月の頭。

そして治療の副作用に辛く苦しい思いをしました。

 

自分になにも出来る事はない無力さ、

そして何があっても愛を。

と決めて毎日を一歩ずつ乗り越えていました。

 

必ず良くなる。

それだけを信じて。

2020年が開始。

オリンピックもあるし、

日本の景気も最高潮へ、って世界中で思ってましたね。

 

世界がとんでもない事になるなんて…

 

初売り。

 

CAPの山。

思えば年始もこんな話題でしたね。

 

新年会。

この時はまだコロナなんて、

ちょっと世界で情報が出てたくらい。

 

息子が炬燵からこんにちは。

 

このお守りに心を強くしてもらいました。

 

月末は立ち上げ。

今年はセットアップをよく着ました。

 

 

 

2月。

 

もうこのころから、

世界への旅行は無理だろうな、って予測。

すぐにあたって海外への旅行はなくなる。

 

このあたりから、

皆があんまり世界のニュースって見てないんだと気が付いて、

余計に報道って気を付けないとな、ってそんな2月。

このカレンダーシステムをちゃんと使いだしたのも今年から。

先にお伝えすれば色々とで出来る事があるのではいかなと。

 

節分。

 

この時はまだ東京で皆と会えてました。

 

国外でマスクがない、とかって会話が出てきたあたりです。

 

歳をとりました。

 

裏テーマである「捨てる」が発動した日。

ダサい人間とは付き合う必要がない、と徹底を決めました。

40になってまで、自分で決められないのは嫌だな、って決めてたこと。

 

めんどくさい自分は、

常に個人の憲法を作り、

そしていつからその憲法に基づくかを決める。40からと決めてました。

 

①無理はしない。

②嫌われてもいい。

➂自分を大切にしてくれない人間に自分と関わる権利を与えない。

④話の通じない人間と分かり合おうとしない。

⑤悪意に誠意で応えない。

 

おおむねこんな感じですが、

まさかこの個人憲法がコロナによって暴かれた人の本質に対して、

絶大な効果があるとは夢に思っていませんでした。

 

皆が遠征ご飯。

年に一度は行きたいよね。

初のミシュラン三ツ星。

いまだに話に出るほど楽しい夜でした。

 

ついに報道も変わりだした。

 

もうエアロゾルとかの会話はありましたがまだ東京全然人いました。

SARSの事を学んでた時期だったような。

MAMORUを巻き込んでこの日は20周年のイベントの打ち合わせでした。

が、できる訳もなくなってしまったので、

思い出すだけでめちゃめちゃ残念です。でもいつかやりたいです。

 

国外に行けないから国内に、とのんきなもんですね。

フェリーで感染者がとか言ってた時です。

 

自分はこの時からお店で「とんでもない事になる」って騒いでましたが、

皆からは笑われてましたw

 

中国で、とかフェリー内で、って理解してると止められないのは分かる。

でも他のウイルスでこんな事がなかった、

要は前例がない事に囚われていた感じと言いましょうか。

 

確かにSARSのあの対策で国内に入ってこなかった、

って事実がすごい邪魔でしたね。

後付けですがw

沖縄へ。

日本人がめちゃめちゃいましたが、

インバウンドは全くなくなってました。

まだ国内は対岸の火事だと思ってましたね。

久しぶりに山頭火食べれて嬉しかった。イン沖縄。

 

赤いアトムがお気に入り。

 

急に誘われたパーティも楽しかった。

懐かしい面々とゆっくり話せました。

 

マスクが無い事から生まれたこの買い占め騒動。

これ、本当に国内の流通を調べればわかる事。

もっと言えば国から正式に大丈夫ってウェブ見れば書いてあるのに…

 

いつ信じてるのに、

都合の悪い事だけ国の発信は信じないんだな。

 

という色んな側面から見え方が変わりました。

何が怖いって、本当に備蓄が無くなるって根拠もなく、

それを言えてしまい行動できる事実。

 

何県に何年分ある、ってまでちゃんと調べれば書いて…

って最初言ってましたが途中から伝えるのをやめました。

怒りながら「なくなったらどうするんだ!」って元も子もない会話。

 

結局生きることに困るほど無くならなかった結果がある。

 

ちゃんとそれを受け止めて、

今っぽくいえばファクトに基づく行動に変化していければ、

それはそれできっかけになったのではないかなと。

 

このあたりからですよ、警鐘がえらいマンが声でかくなったのは。

恐れれば恐れるほど意識が高いと言いましょうか。

問題なのはその恐れが噂レベルだと言う事。

 

個人的にはめちゃめちゃ怖いと感じてました。

 

 

 

3月。

随分会話が変わってきまして、

感染者=悪魔という図式が生まれました。

 

いじめ、差別、そんな人が人を貶める構図を目の当たりにする日々。

心がとても疲れます。

正しく恐れてる人はかなり少ないというも印象的でした。

 

こうやってまとめてみると分かりますが、

このあたりから会話はめちゃめちゃ暗いですね。

 

息子がお店へ。

 

すごい事になってましたね。

 

会社の集まりも色んな意味でぎりぎりのタイミング。

 

20周年の音楽とか作って、まだやれるかもという希望だけ。

 

まだ飲めてますね。

 

これ、今見ると国がどれだけ狂ってるか分かりますねw

世界は悲鳴が大きく大きく。

 

なんで飲みに来たんですか?って聞かれたので、

その場で「近々繁華街で飲めなくなると思うんだよね」、

って「またまた~w」って笑顔で言われたこの翌日。

 

事実上飲みに行っちゃ駄目、って繁華街は閉鎖されました。

流石にそれを聞いたのがタイミングがぴったりだったので、

ちょっと怖かったです。

 

これも他国の情報見てるとわりと分かるような事でした。

お酒どうのではなく、

人が集まる場所から遠ざけるのがあの時にセオリー。

 

それでも日本での毒性は世界に比べてあまりにも弱い。

遺伝子の検査の話題に出てきたころだったと記録しています。

 

 

 

4月。

エイプリルフール。

世界の状況と自分の気持ちを鑑みると、

割と冗談ではないですねw

4月のタイミングでオープン時間を1時間遅く。

 

迷ってましたが作ることを決意したショッピングバッグ。

結果とっても気に入ってます。

こんな世界でも強く生き抜ける情熱を。

 

桜。

全部が中止の催事。

入園式ももちろん中止です。

 

いま思うと厳しい言葉ですね。

もう毎日読み物しすぎて脳も大変なテンションに。

 

妻の月に一度の検査を乗り越えるための知識も、

おかしくなるほど詰め込んでましたので、

リアルじゃない考え方に反応もしてました。反省。

 

まさかの特措法を無視した判断を県が行い、

私権の制限の発動は想定外。

なんでもありの世界になってしまった、と嘆きました。

 

どのくらいの事になるか読めなかったので、

自分はこの2日間だけは休むことを決意。

ここで作戦を全部修正、変更してそのあとは休んでません。

 

自分には大きな二日間。

忘れられない事です。

憲法違反を目の当たりにし体感できるなんてそうないでしょう。

今になって特措法の改正とか出てますが、

この4月の時点でとんでもないことになってる、

ってあんまり理解されてなかったような気がします。

 

現状でも色んな項目の話をされていますが、

第一章第一条

「国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済に及ぼす影響が最小となるようにすることを目的とする。」。

 

を念頭に置いて、全部の判断を行ってほしいです。

この内容から勝手に独自の緊急事態宣言とかって、

本当に影響は最小なのか?この疑問が大きいんです。

 

24条でも31条でも改正されるということを、

まずは第一章第一条を考えてどうだろう、という疑問を自問。

そういう目線もいま必要かもしれません。

 

法律は国が決めますが、

憲法は国民が決めるものです。

緊急事態条項もなく自由の制限とは何なのか。

 

ってこんな面倒な話はやめましょう。

今になれば少しこういう内容も伝わるかも、

ってちょっとだけ掘り起こしてみました、すみません。

 

毎日毎日追いつけ追い越せの把握に把握。

 

しかしながら沢山の応援に支えられて、

お問い合わせもいっぱいの4月。

感謝です。

 

KOSUGIちゃんのマスク騒動もありましたw

 

白ばっかり着てました。

そういう気分だったのかな。

 

日本中の支援システムも色んなものがありました。

福井でもすごい盛り上がり。

 

新世界へ。

 

いつも行ってる病院もこんな状態に。

ちなみに今日も変わらずこの状況です。

帰りの蕎麦も恒例になりました。

安心した時の味と言いましょうか。

 

whizの夏の立ち上げ。

この状態でコラボの発売って、

どうなんだろう…って思いましたが、

発売してみれば大人気で本当に良かったです。

 

まだまだ足りませんでした。

ここが地味に守りと攻めの大きな差が生まれた、

という事を認識したポイントだったかもしれません。

 

お弁当もすごい事になってました。

 

 

 

5月。

連休の制限が一旦のゴールになるだろうと、

色々とお店も考え方を変更。

こどもの日。

また大きくなりました。

 

バーベキューブームでした。

皆がお肉を買いに来てくれて。

 

おうちでご飯も増えましたね。

 

密密密!

 

今の時代で並ぶ場所は愛がありますね。

そして溢れてる。

 

まだこの時期は本当の事を言ってたので、

毎日真実と向き合おうとしてました。

報道の嘘の種類が変わってきたのもこの時期。

 

前からやってみたかった、

動画を作るってものこの時期に挑戦。

やっぱ安いと自由度は低いよね。

 

全部をバルミューダ計画。

 

すごい金額。

 

展示会ダブル開催。

あの時期に攻めたもんですねw

 

黒髪物語。

県内の様々な友人たちがコロナと戦ってます。

 

ちょっとでも力になれないかと、

力を貸せないかと知識や情報を伝えて、

人を紹介してる毎日でした。

 

 

 

6月。

ファッションのこんなのが開始。

1日で完売しましたので、

ちょっとしか伝えれませんでしたが、

近くではすごい反響でした。

 

報道こんなのばっかり。

テレビでニュースを半年見てません。

 

料理も少しずつ上達。

 

上達してくると器が欲しくなるw

 

赤く光らせるの流行ってましたね。

逆に観光地になって密へ。

まさにミイラ取りがミイラw

 

こういうの人間っぽくて好きですが。

 

海に立ち向かう息子。

 

マスク。

レーガノミクスもビックリなネーミングは、

アベノマスク。

 

新しいのスマフォ気に入ってます。

特にカメラがね。

そこしか褒めるとこないのですがw

 

今になってこの画像が日本でも分かるような。

医療リソースの見直ししかないと思います。

上の特措法で言えば31条ですね。

 

いつもありがとうございます。

応援の差し入れもたくさん頂きました。

 

色んな事を考えて、

こういうのをやってみる。

結果ギョーザの減らすことに成功。

 

テイクアウトも本格化。

 

という感じでたった半年で、

もう完全に変わってしまった世界。

全く別の世界の話をしてるようです。

 

たった半年ですよ、

それだけで変わってしまうことが、

こんなにもある、それが事実。

 

病との闘い、ウイルスとの闘いで、

一番自分が変わったことは、

今まで言わなくていい、と思ってたことも、

 

全部伝えることにしました。

それこそ気を使って言わなかったことも、

理解が難しいかも、と感じることも。

 

何かのきっかけになるならと、

全部ちゃんと伝えます。

総力戦です。

 

それでもし明日の笑顔が増えるならと、

遠慮なしです、ダサいものはダサいと言います。

 

それに反応してしまい、

化けの皮が剥がれるケースも出てきます。

 

所謂、コロナで壊れたしまった人達というのも、

これに該当します。

 

皆が一斉に気がつく、

やっぱり偽物だった感は、

不思議なもので共通になっていきます。

 

状況に流されギスギスするのも自業自得。

 

自分の判断で人の指摘を受け入れれない、

年齢を重ねると目もあてれない情けなさ、

悲しさと行動がダサいので人もダサい事実。

 

それはやっぱり若いうちに、

叩き込まれなければという、

間違った体験の再現とも言えるこの思考はダメですがね。

 

分かってる上で必要ラインを見つけて、

それは人の価値であり上げ下げこそに意味があって、

そっからが人間性の大切さだと考えています。

 

要はこれもずっと言ってますが、

ブランドから店へ、

店から人へ、ってのが加速したイメージですね。

 

うーん。

なんかめんどくさい内容になってきましたので、

やめます。

 

小難しい話は置いておいて、

この上半期は変わるべきところは、

「数年分加速して変わった」という感想です。

 

 

こうやって振り返る事すら、

きっと年末はままならないであろう、

って思ってましたが、無事にこうやって半年分の事を記録。

 

 

明日の後半に続きます。

今年もお店は残り3日。

 

31日の大晦日はお休みです。

明日も自分はお店にいますので、

どぞどぞお気軽に遊びに来ちゃって下さいね。

 

 

そんなこんなで。

それではこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今日は月曜日。

世間はお休みが多そうです。

いいなー。

 

とは言っても自分で選んでお休みじゃないので、

それはそれでいいんですw

 

って事で頑張ります。更新。。。

Related posts

コメント