そんな一昨日。4/20(金)。

2018年4月20日金曜日。

父親になりました。

男の子です。

母子ともに健康です。

 

最初に子供の顔を見た時、

あふれ出たのは、涙と妻への感謝でした。

 

男性も女性から生まれます。

恐怖と痛みに耐えて出産する女性に、

畏敬の念を抱かずにはいられません。

 

昔からこんな事をずっと考えていますが、

それが目の前で現実として起こりました。

感謝が極まってしまって当然だと自分では感じています。

 

ありがとう。

本当にそれに尽きます。

 

 

 

先週の17日の火曜日の朝、それは起こりました。

お腹で赤ちゃんが動きまくって妻が破水。

原因は分かりませんが陣痛前の前期破水です。

まだまだ陣痛が始まることがなく、

水曜日、木曜日と月日は経ちました。

平気を装うも、その心配で自分の鼓動が聞こえる。

 

一日、一日過ぎるもお産は進まず。

 

いつのまにか3日をすぎ、

金曜日の検査で、破水による影響から、

緊急帝王切開が決まり、連絡が着た10分後にはオペ室に移動。

 

自分が到着したころにはもう手術中。

その時間は生きた心地してません。

電話から意味も分からず、自分は立ちすくむしかありませんでした。

 

命、それも自分ではない命に寄り添う時、

とても臆病になってしまいます。

 

落ち着け…落ち着け…とブツブツ言いながら、

震える指で自販機のボタンを押したと同時に、

 

「おぎゃーおぎゃー」と鳴き声。

背筋に不思議な感覚。

ああ「やっと会える」と瞬間、反射的に声の方向へ走る。

 

近づく小さな体。

いや想像より見た目は随分大きい。

 

予定日よりも約一か月早く生まれたのにその体重は、

「3234グラム。」でっけー。

あと一ヶ月いたら4000グラムも冗談じゃない。

 

妻は体が小柄でしたので、

これはきっとどうあれ帝王切開だったと思っています。

 

各々の様々な思いはありますが、

命をかけて手術台に上り体にメスを入れる。

立派な立派なお産です。

 

受け売りですみません

 

 

 

命をかけたお産。

奇跡のもと、

生まれてきた赤ちゃんはこの日を誕生日に選んでくれました。

 

 

 

すぐに判断してくれた近所のコウノドリ先生。

そして常に観てくれたチームの皆さん、

家族の皆さんがいてくれたから無事に終えれた出産です。感謝です。

 

福井はコウノトリの街ですしね。

カケルくんとホマレくん。

 

 

 

 

 

生まれた時からこのこぶし。

さすがわが子です。

この拳。

 

菩薩のこぶしですw

 

如来ではなく菩薩なのがポイントですね。

あまりふざけてると怒られそうなのでやめます。

すみません。

でも嬉しかったんです。

 

 

 

 

 

生まれてきた大きな体。

愛犬ももさんが天国に旅立った日に授かり。

そしてすぐの母親の誕生日にそれが分かり。

 

毎日振り返りながら明日を感じてました。

特に先日の13日にももさんが一気に気持ちに流れ込んできて、

涙が止まらなかったのを覚えています。

 

自分でも謎でした、ベッドでボロボロの涙。

生まれる前の最後の天国に行った日。

思えばあれはもうすぐ、の合図だったのでしょう。

 

沢山の想いと共に生まれた我が子。

どれほどかわいいのだろう、と想像を膨らませていましたが、

その想像を超える可愛さでした。それに驚いてしまったのも事実。

 

まだまだ感動と涙の最中にいますが、

ご報告をさせていただきました。

読んでいただいてありがとうございます。

 

これからはより一層、

悠長な事をしてる暇なんてないので、

火事場だと思ってさらに楽しみたいなと。

 

 

歳も歳、年も年ですので、

なんとか今までと、今日この時と同じく、

自分を振り返りながら一つ一つ歩みを進めていきたい。

 

そう思っています。

そう決めています。

今後とも宜しくお願い致します。

 

結婚から出産とこれでもかと早いテンポですが、

早いテンポも普通に感じてきました。

きっと今までの緩さが少し解消されただけの事。

 

人のために生きるなんてカッコいい事はまだまだ言えませんが、

自分と同様大切にしたいと思います。

 

世界で一番、って一つだけの必要もない。

比べられないけど一番がいっぱい。

一番が増えた。それはただただ幸せな事です。

 

 

 

 

 

そんなこんなで。

それではこの辺で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

以上、ご報告でした。

 

今日は日曜日。

休みの日に失礼しました。

 

イクメンとかよく分からない単語は嫌いです。

とは言っても育児しないわけではありません。

当たり前の事を特別に区切る仕切りで自分をボヤかしたくない。

 

立派になれるかは分かりませんが、

地に足をつけた父親になれるよう精進します。

 

頑張ります。更新。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA